“No.1キャバ嬢モデル兼社長”愛沢えみり、フランスでのオフに「日本のお姫様」と憧れの声/愛沢えみりInstagramより

写真拡大

【愛沢えみり/女子旅プレス】ギャル雑誌「小悪魔ageha」の専属モデルで現役No.1キャバ嬢である愛沢えみりが、3日付の自身のInstagramに、フランスの「ヴェルサイユ宮殿」にて撮影した1枚を公開。豪華絢爛な天井画とシャンデリアが吊るされた大回廊で微笑むゴージャスな1枚に反響が寄せられた。

【さらに写真を見る】“No.1キャバ嬢モデル兼社長”愛沢えみり、「ディズニーランド・パリ」での耳付き姿もキュート

現在撮影のためフランスに滞在中の愛沢は「1日offだったからヴェルサイユ宮殿行ってきたよ」と報告。金装飾が施された宮殿のゲートに「入り口からぴかぴか」「豪華すぎる」と感動した様子を綴った

全長73メートルの鏡の回廊では、真っ白なノースリーブワンピースにピンク色のバッグを合わせたコーデで、美脚をあらわにポーズをとる姿を披露。異国の地でも際立った美貌を放つ愛沢に、ファンからは「日本のお姫様」「細くて本当綺麗で憧れる」「宮殿に馴染んでますね」「えみりちゃん可愛すぎます」といった憧れのコメントが続々と寄せられている。

◆フランスの名所を満喫


またこの他にも、耳のグッズをつけて「ディズニーランド・パリ」を楽しむ様子や、エッフェル塔、「ウェスティン・パリ-ヴァンドーム」で撮影したオフショットも公開し、現地での様子を届けている。

◆フランスの「ヴェルサイユ宮殿」とは


1682年、フランス王ルイ14世によってパリ郊外のヴェルサイユ地方に建てられた「ヴェルサイユ宮殿」。豪華絢爛な装飾とシャルル・ルブランの絵画作品30点が丸天井を埋め尽くす鏡の回廊、完成までに40年の月日をかけたバロック建築の代表作・噴水庭園が見もの。1979年より世界文化遺産に登録されている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ヴェルサイユ宮殿


住所:Place d’Armes,78000 Versailles,France

■愛沢えみり(あいざわえみり)プロフィール


生年月日:1988年9月1日
出身地:神奈川県
血液型:B型
身長:164cm
特技:サングラスをしたままの買い物

新宿・歌舞伎町のNo.1キャバ嬢に君臨し、2012年11月号より「小悪魔ageha」の専属モデルとして活躍。歌舞伎町のキャバクラ「フォーティーファイブ」勤務。月商1億5000万円のアパレル会社社長としての顔も持ち、2015年2月には自身初の自伝「キャバ嬢社長 歌舞伎町No.1嬢王 愛沢えみりとしての生き方」を発表。2016年5月には、自身が手がけるアパレルブランド「エミリアウィズ(EmiriaWiz)」の初の店舗を東京・新宿にオープンさせた。

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、サービスが保証されるものではありません。