寝姿は心理状態を表す

犬の睡眠時間は子犬、老犬で18時間以上、成犬だと12〜15時間寝ると言われていますので、1日の半分以上は寝ている事になります。
しかしその内の8割は【ノンレム睡眠】で、完全に眠っているのではなく【うとうと状態】で目を閉じながら体と頭を休ませていると言う状態です。
犬はこの様に体を休めながら、主人と行動を共にするために準備をしているのです。

そのようなノンレム睡眠以外でも、仰向けにひっくり返って爆睡して起こしても気が付かなかったり、ある時は横たわって眠っていたりと、犬は私達に色々な寝姿を見せてくれますが、こうした寝姿にはそれぞれ理由があり、また心理状態を表しているとも言われています。

それはどんな心理状態なのか探って行きましょう。

うつ伏せ

うつ伏せは犬が寝る時の基本姿勢です。

左右前足を前方へ出し、その間に顔を置く姿勢は犬と生活を共にする方はよく目にする姿だと思います。
この姿勢で眠る理由は、犬の体毛は背中よりもお腹の方が薄いので、身体の体温を出来るだけ逃さない様にしているからなのだそうです。
この場合、【うとうと状態】で身体と頭を休めながら主人からのコマンドを待っているとも言われています。
また、顎を床や地面に着けて寝ている状態になっていますので、敵や獲物の接近を顎の骨を通じてキャッチして脳に伝えると言う利点もあります。
この寝姿は、野生時代に狩りをしていた際に身に着けた、ハンターとして最高の寝姿と言えるのでしょうね!!

仰向け

お腹を丸出しにした【へそ天】状態の仰向けで寝ている場合、周りの環境に慣れきって安心している状態です。

犬の急所でもあるお腹を見せているのは、とてもリラックスしているという証拠です。
それは、周りに敵がいないと分かっているから安心して無防備な体勢で眠るのですね。

丸くなる

一番の理由は体温を逃がさないためです。
小さく丸くなる事で、外気に触れる表面積をなるべく少なくして体温の低下を防いでいます。

寒くもないのに丸くなって寝る場合は緊張状態を表しています。
また、急所であるお腹や鼻を隠すように丸くなっている場合は、周囲を警戒している証拠です。

横たわる

狩りをしていた時代の習性で、外敵が現れたら直ぐ目が覚める様にしているからと言われています。
私の愛犬はぐっすり寝ていると思うので、これには当てはまらない様な気がします。
触っても目を覚ましませんし、一度名前を呼んだくらいでは起きません。
それは子供の頃からそうです。
外敵がいないと安心しきっているのでしょうか?
この寝姿だけはその子の性格にもよるのではないでしょうか?

その他

その他として記載しますのは寝姿ではありませんが、心理状態を知る意味で参考として下されば幸いです。

<お気に入りのオモチャと眠る>

愛犬がオモチャなどのお気に入りの物と一緒に寝ている場合は、気持ちを落ち着かせるための行動だとされています。
人間の赤ちゃんも同じで、この様な寝方を良くします。
お気に入りのオモチャを抱いて眠ると安心するのでしょうね。

<主人や家族に寄り添って寝る>

愛犬が主人や家族に寄り添って寝ている場合ですが、これは犬の祖先が集団生活をしていたからだと言われています。
寄り添って身体を温めたり、敵から身を守るための手段だったとされています。
また、安心しているからこその行為であり、それだけ主人や家族を信頼してる証拠でもあります。

<狭い場所で寝る>

犬はが何故か狭いところで寝るのが好きですね。
犬の祖先は巣穴で寝ると言う習性があったため、明るくて広いところよりも暗く狭いところの方が安心するのです。
ですので壁の隅などに身体の一部を着けて寝ると落ち着く様です。

まとめ

睡眠は、犬の健康にとっても大事な時間。
例え熟睡でなく、うとうとしている状態でも体を休める大切な時間なのです。
睡眠時間が足りなくて寝不足になると、イライラして情緒不安定になったり性格が荒くなる可能性があります。
いくら寝姿が可愛いからと言って、 愛犬が眠っているのを無闇に起こしたりしてはいけません。
何もせず見守って上げましょう。

犬の寝相や寝姿には何らかの意味があるものです。
その気持ちをしっかりと理解しながら可愛い愛犬の寝姿を観察すると、躾の役に立つ場合もありますので是非やってみて下さい。