「六本木アートナイト 2016」名和晃平がメインアーティスト、六本木各所を“アートな遊び場”に

写真拡大

「六本木アートナイト 2016」が、2016年10月21日(金)から23日(日)まで、六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウンなど東京・六本木エリアの各所で開催される。

「六本木アートナイト 2016」概要

2016年のテーマは「六本木、アートのプレイグラウンド〜回る、走る、やってみる。〜」。面白い場所を見つけては、そこを自分たちだけのプレイグラウンド(遊び場)にしていた無邪気な幼少期の思いを蘇らせてくれるような、“古いけれど新しい”アート体験を提供する。

メインプログラム・アーティストに起用されたのは、現代美術家で彫刻家の名和晃平(なわ こうへい)。彼が、希少植物を追って世界中を飛び回るプラント・ハンターの西畠清順、大胆な発想でファッション業界からも高い評価を得ているバルーン・ユニット「デイジーバルーン」とタッグを組み、六本木ヒルズアリーナ、国立新美術館、東京ミッドタウンの3ヶ所を舞台に、文化の夜明けを象徴する“森”を出現させる。

六本木ヒルズアリーナでの展開

六本木ヒルズアリーナでは、西畠が世界中から集めた多種多様な樹木によって成熟した森が構成され、名和の彫刻作品「Ether」と「White Deer」が出会うシーンが表現される。ここには、石巻の漁で使用されているブイも配置され、都心に出現した森に海の物が浮遊する、幻想的な光景が広がる。

東京ミッドタウンでの展開

東京ミッドタウンでは、サボテンなどの多肉植物がバルーンのオブジェに囲まれて点在する。まるで、バルーンの繭はまるで植物の保育器のようであり、森の精霊たちの安息地のようでもある。

国立新美術館での展開

国立新美術館では、枯れた木々や、流木、ブイによって荒涼とした丘が出現する。そこでは、名和の彫刻作品「雲の荷車」を引く「風の民」が生命の片鱗を乗せて漂い、神話の一節のような光景を表現する。

ほかにも、フランスを拠点として国際的に活動しているグループ「カンパニー・デ・キダム」による新作パフォーマンス、六本木のショップやストリートに設置される数々のインスタレーション、街なかパフォーマンスなど多くのプログラムを通して、世界中の人々や文化が交流する六本木の街をアートに染める。

なお、メインビジュアルは、グラフィックやモーショングラフィックを中心に、多様な領域で活動する「groovisions(グルーヴィジョンズ)」が担当。イベントのアイコンとして、各所で展開されていく予定だ。

【開催概要】
「六本木アートナイト 2016」
開催日時:
2016年10月21日(金)17:30〜10月23日(日)6:00
10/21(金)17:30〜24:00
10/22(土)11:00〜17:30
10/22(土)17:30〜翌10/23(日)6:00
※コアタイム・デイタイムは、パフォーマンスやワークショップ等のイベントが集積する時間帯。
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
料金:無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画展は有料)
■メインプログラム
・オープニングセレモニー
場所: 六本木ヒルズアリーナ
日時:10月21日(金) 17:30〜18:00
・海外招聘パフォーマンス
「カンパニー・デ・キダム」による『FierS à Cheval〜誇り高き馬〜』
場所・日時:六本木ヒルズアリーナ 21日(金)18:00〜・22日(土)17:30〜 / 国立新美術館(西門〜スロープ〜正門) 21日(金)21:30〜・22日(土)21:30〜 / 東京ミッドタウン(プラザ 1F) 21日(金)22:30〜・22日(土)22:30〜 / 六本木ヒルズ 66 プラザ 21日(金)23:30〜・22日(土)23:30〜
※その他パフォーマンスやインスタレーションに関する情報は公式ホームページを参照。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)


[写真付きで読む]「六本木アートナイト 2016」名和晃平がメインアーティスト、六本木各所を“アートな遊び場”に

外部サイト

  • 「青参道アートフェア2016」表参道&青山のファッションストアや人気カフェが展示スペースに
  • 東京都写真美術館16年秋にリニューアル、愛称は「トップミュージアム」- 杉本博司の展覧会も開催
  • 複合市街地「東京ガーデンテラス紀尾井町」をガイド - グランドプリンスホテル赤坂跡地に