大阪のセレクトショップ「ファン」がギャラリー新設 展覧会第1弾はマーク・ゴンザレス

写真拡大

 大阪・北堀江のセレクトショップ「ファン(FAN)」がオープン10周年を記念し、ギャラリースペース「FAN ART PROJECT」を8月12日にオープンする。展覧会第1弾はアーティストや詩人、プロスケートボーダーとして活躍するマーク・ゴンザレス(Mark Gonzales)のシルクスクリーン展を行う予定。 「ファン」がギャラリー新設の画像を拡大

 「ファン」はセレクトショップ「クレオパトラ(CLEOPATRA)」から派生し、2006年にオープン。「FAN ART PROJECT」ではアートにフォーカスを当て、新しいアプローチでストリートカルチャーを発信する。 展覧会第1弾となるマーク・ゴンザレスのシルクスクリーン展では、今年5月に東京で開催した際に展示されなかったシルクスクリーンの元版や、和紙を使用したアートワークの新作を大阪限定で8月12日から21日まで公開。同ギャラリーでは今後、1カ月に10日間のペースで展覧会を企画するという。■FAN ART PROJECT住所:大阪府大阪市西区北堀江1-15-10-2F電話番号:06-4391-2112開館時間:13:00〜20:00公式サイト