ほめて遊んでエサあげて、イヌ型ロボットを育てよう!

写真拡大

ペット型ロボットに新しい仲間が誕生です。

世界的なロボット玩具メーカーWowWee Group Limitedが開発した犬型パートナーロボット「CHiP(チップ)」(2万9800円)が、DMM.make ROBOTSサイトにて予約受付中。発売は9月下旬になります。

20160804_CHiP01

次世代の人工知能を搭載した賢いロボットワンちゃん

腕時計型の付属品「スマートバンド」を装着している人を飼い主として認識し、部屋に帰ってきたときなどに寄ってきてくれます。おなかが空いたとき(!)や、かまって欲しいときにはスマートバンドにお知らせが届きます。

20160804_CHiP04

スマートバンドからは、CHiPの操縦や、「おいで」をすることもできます。行動に対して「いいね」ボタンで褒めることもでき、飼い主が好きな行動を学習。性格が変化していき、各家庭のCHiPごとに個性が出てきます

20160804_CHiP03

「スマートボール」という専用の遊び道具も付属。車輪型(メカナムホイール)の足を駆使して、ボールを転がしたり、追いかけたり、取って戻ってきたり…、さらにはダンスやヨガも得意というから驚きです!

20160804_CHiP05 20160804_CHiP07

音声認識にも反応し「おすわり」「伏せ」などの会話によるコミュニケーションも可能。

20160804_CHiP06

専用のCHiPアプリにより、スマホからもCHiPのコントロールや管理が可能です。

20160804_CHiP08

健康ゲージをチェックしたり、エサやりをしたり、ワザ(芸)をさせたり… 本物のワンちゃん並み、あるいはそれ以上に多機能なCHiPがいれば、ペット禁止のマンションなどでも、もうさみしくありません。

DMM.com make ROBOTS >> http://robots.dmm.com/robot/chip

(文/&GP編集部)