最初は難しいと感じた問題も、突然浮かんだひらめきやアイデアによって解けることがありますよね。

「ひらめく」とは、それまでつながらなかった別のものどうしが結びつくこと。直感とは違い、論理的に説明することもできるでしょう。

この「ひらめき力」を鍛えるには、豊かな発想が必要。小学生でも解けるようなパズルや、なぞなぞのようなクイズを繰り返し解いていると、柔軟な発想が浮かびやすくなります。

そこで今回は、数字を使ったクイズをお届けします。目標は1分間。頭を柔らかくして考えてみてください。

■ひらめき力を鍛えるクイズ・問題編

では問題です。

下記の数字は、ある規則性によって2つのグループに分けることができます。そのルールがわかったら、図に1本だけ線を入れて、2つに分けてください。

[16][28][2][5][29]

[20][48][46][31][30]

[72][8][82][6][9]

[44][36][90][55][11]

なお、線はタテまたはヨコに1本だけ引くことができます。

■ひらめき力を鍛えるクイズ・解答編

みなさん、答えはわかりましたか?

まだ悩んでいるという人のために、まずは数字を2つのグループに分けます。

[16]、[28]、[20]、[48]、[72]、[8]、[44]、[36]

[2]、[5]、[29]、[46]、[31]、[30]、[82]、[6]、[9]、[90]、[55]、[11]

この2つのグループには、どんなルールがあるかわかりますか?

正解は、「4で割り切れる数字」と「4で割り切れない数字」です。図の[28]、[48]、[8]、[36]の右側に縦に線を入ると、線の左側が4で割り切れる数、右側が割り切れない数になりますね。

難しく考えすぎて、答えにたどり着けなかった人もいるかもしれません。

また、いくら考えてもわからなかったのに、時間を置いたら突然答えがひらめいたという場合もあるでしょう。

1分でこのクイズが解けた方は、かなりのIQの持ち主。IQは100を平均値とし、約70%の人がIQ85〜115の間です。IQ135以上の人は2%程度とされています。この数字クイズを1分以内で正解した方は、IQ135以上かもしれません。

ひらめき力をアップさせれば、仕事にも役立つスキルになるでしょう!

(文/平野鞠)

 

【参考】

※快活脳!思考の罠と脳の基礎知識

※老年若脳

※IQ脳.net

【クイズ】

※北村良子・・・パズル・クイズ作家。書籍の他、企業、新聞、TV番組、雑誌等向けに作成。著書は『大人のIQパズル』(彩図社)『60歳からのボケないための思い出しパズル』(永岡書店)他。お問い合わせはフォームからお願いします。

【画像】

※BAR SEA-TURTLE』からどうぞ!