「新しい都市」について考えるときにシリコンヴァレーにできること

写真拡大

シリコンヴァレーの名門インキュベーター・Yコンビネーターが、ゼロから新しい都市をつくる「New Cities」構想を発表。なぜいま、テック企業の関心は「都市」に向かうのか? テクノロジーと社会のあり方を考えてきたシリコンヴァレーが、都市設計に貢献できること。

「「新しい都市」について考えるときにシリコンヴァレーにできること」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.24は「NEW CITY 新しい都市」 特集!

8月9日(火)発売の最新号『WIRED』VOL.24は「新しい都市」特集。ライゾマティクス齋藤精一と歩く、史上最大の都市改造中のニューヨーク。noiz豊田啓介がレポートするチューリヒ建築とデジタルの最前衛。ヴァンクーヴァー、ニューヨーク、東京で見つけた不動産の新しいデザイン。未来の建築はいま、社会に何を問い、どんな答えを探していくのか。第2特集は「宇宙で暮らそう」。宇宙でちゃんと生きるために必要な13のこと、そして人類移住のカギを握るバイオテクノロジーの可能性を探る。漫画『テラフォーマーズ』原作者が選ぶ「テラフォーミング後の人類が生き残るための10冊」も紹介する。そのほか、NASAが支援する「シンギュラリティ大学」のカリキュラム、米ミシガン州フリントの水汚染公害を追ったルポルタージュ、小島秀夫+tofubeatsの「未来への提言」を掲載!

シリコンヴァレーのインキュベーター、Yコンビネーターは6月28日付けのブログで、独自の野心的なプロジェクトを始動させようとしていると発表した。

これまでにDropboxやAirbnbといった企業の創設を手助けしてきた同社は、6月はじめに「ベーシックインカム」のパイロットプロジェクトを年内に開始すると発表して(日本語版記事)注目を浴びたが、今回発表した「New Cities」構想では、計画や設計、構築を含めて、ゼロから新しい都市をつくるための研究を行うという。

この発表については、シリコンヴァレーから見ても大胆だと受け止める向きが多い。発表時の発言は、ヴェンチャーキャピタルならではの現実離れしたキャッチフレーズのようだった。Yコンビネーターのプレジデント、サム・アルトマンとともにプロジェクトを率いるアドーラ・チャンはこう語っている。「既存の都市をつくり直すことはできるし、多くの者がそうしている。あるいは、まったく白紙の状態から都市を再び想像することもできる」

プロジェクトの細部は不明だ。「すべてはこれから決定される」とチャンは語っている。

シリコンヴァレーは都市をつくりたがっている

意外なのは、都市計画の専門家たちが、Yコンビネーターの新しいヴェンチャー事業をかなり魅力的だと思っていることだ。

ノースカロライナ大学都市・地域計画学科で都市開発のプロセスを研究しているニキル・カザは言う。「『新しい都市』というアイデア自体は、目新しいものではありません。しかしそうした考えはいつも興味深いものです。新しい都市をつくるというこれまでのアイデアこそが、現在の暮らしに影響してきたからです」

例えば、19世紀英国の都市設計家エベネザー・ハワードが1898年に発表した著書『Garden Cities of To-Morrow』(明日の田園都市)を見てみよう。人口数万程度の、職住近接で自然環境も豊かな都市を郊外に建設する、という彼のアイデアが、のちに「郊外」や「ニュータウン」の開発に影響したとされる。

(Yコンビネーターに限らず)シリコンヴァレーでは、これまでにも未来的なアイデアが発表され、支持されてきた。ヴェンチャーキャピタリストのピーター・ティールは、自由主義者たちの独立国家を目指すという、無謀にも思える人工島計画(日本語版記事)を2008年に発表。アルファベットの子会社で、「都市革命」を目指すSidewalk Labs(日本語版記事)も印象的なプロジェクトだ。

また、アップルのUFOのような新社屋デザイン(日本語版記事)や、透明なテントに覆われたグーグル新社屋デザイン(日本語版記事)も未来的な都市を思わせるアイデアである。

深圳に学ぶ都市づくり

しかし、Yコンビネーターのチャンは、同社の計画は他社のこれまでの計画とは一線を画していると確信しているという。プロジェクトを発表したブログのなかで、テック起業家のための「途方もない自由主義のユートピア」をもうひとつ設計するようなことはしない、と彼は約束しているのだ。

チャンは、よりよい都市づくりのヒントとなる好例として、中国の都市・深圳の名前を挙げた。もともと漁村だった深圳は、1980年に経済特区に指定されたあとに、テック企業の研究開発の中心地に変身している(日本語版記事)。

現在、深圳は中国で最も豊かな都市のひとつとなった。『ガーディアン』は同市を、「技術の天国──可能性とチャンス、クリエイティヴィティの探求が広がる活気ある多彩な環境」と評するほどだ。

この深圳という都市から、都市設計を一から始める際の2つの対照的なアプローチを考えることができるという。ニューヨーク大学経営大学院レナード・N・スターン・スクールで都市化プロジェクトのディレクターを務めるポール・ローマーはこう説明する。

ひとつは保守的なアプローチで、「政治的・法的枠組みや社会規範については何も変えることができないが、設計の最も重要な要素の一部をきちんと整えようとする」控えめな計画だ。これに対して対照的なもうひとつのアプローチは、「新しい地域に都市をつくり、異なる法的・政治的システムを試し、場合によっては、新たな社会規範を試したりする」ものだ。中国政府が深圳で採用したのが、この後者のアプローチだという。

ローマーは、この2つのアプローチの中間にあたるアプローチが理想的だと語る。新しい都市にあまりに多くのシステムを押しつけると、人々の自然な振る舞いを抑えつける恐れがある。例えば、自律走行車は以前よりも一般的になってきているかもしれないが、都市の街路を自律走行車専用に設計するというのは近視眼的に過ぎるだろう。

「人間」を中心に設計を行うこと

空間的な意味で機能する都市をつくるのは、それほど難しいことではない。「だがそういうものは、都市というよりは背景に過ぎない」と、サンタフェ研究所のルイス・ベッテンコート教授は言う。同教授は例として、ブラジルの首都ブラジリアや、アラブ首長国連邦の都市マスダール・シティ(日本語版記事)、韓国の国際都市・松島(ソンド)を挙げる。

これらの都市は、特定の課題のためにゼロから基本計画が立てられた(ブラジリアは「統治」、マスダール・シティは「環境都市」、松島は「技術的な未来都市」)。どのプロジェクトにも優れた技術が結集されたが、「これらの都市は、特に『人間』という要素を意識して設計されたわけではありませんでした。こうしたこれまで見逃されてきたポイントを踏まえれば、都市設計をより進化させることができるはずです」とベッテンコート教授は指摘する。

その点で、シリコンヴァレーが貢献できることはあるかもしれない。Yコンビネーターのようなビジネスが得意とするのは、テクノロジーが社会にどう役立つか、その方法を見極めることだからだ。

「必要なのは、技術のエコシステムを用意することであり、それは、シリコンヴァレーがこれまで得意としてきたことです」とベッテンコート教授は言う。完璧な都市をひとりで設計できる都市設計家はいない。しかし、研究者がチームを組めば、適切なチャンスをつくり出せる可能性はあるだろう。

RELATED

INFORMATION

VOL.24「NEW CITY」8/9(火)発売! 関連イヴェントを3連続開催!

8月は「新しい都市」を考えるためのイヴェントが目白押し! チューリヒの最新コンピューテーショナルラボを取材した豊田啓介(noiz)がデジタルネイティヴな建築の未来を語り(【満員御礼】8/8開催)、齋藤精一(ライゾマティクス)は大改造中のニューヨークで体感したまちづくりの新しいかたちを語る(8/17開催)。弊誌編集長による「WIRED on WIRED」も開催(8/7イヴェント終了)。