写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱自動車は4日、インドネシアで11〜21日(一般公開は12日から)の期間に開催されるインドネシア国際オートショーにて、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー「MITSUBISHI XM Concept」を世界初披露すると発表した。

「MITSUBISHI XM Concept」は、三菱自動車が得意とするSUVの力強さとMPVの多用途性を融合させたスモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー。3列シートを最適に配置し、乗員7名がくつろげる広々とした居住空間を確保し、多彩なシートアレンジを可能にしている。

フロントフェイスには、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。伸びやかでスポーティなボディに、安定感をアピールする大きく張り出した前後フェンダーや高めの地上高など、SUVらしいスタイリングや機能を融合させている。同車のコンセプトを採用したスモールサイズのクロスオーバーMPVは、西ジャワ州ブカシ県の新工場にて10月から生産開始するとのこと。

インドネシア国際オートショーではその他、スポーティで上質なエクステリアデザインに一新したコンパクトカー「ミラージュ」2017年モデル(インドネシアで8月発売)、アセアン地域で好評を博し、インドネシアのメディアが主催するカー・オブ・ザ・イヤーで4冠を達成したミッドサイズSUV「パジェロスポーツ」など、インドネシアで販売する乗用車を出品する。

(木下健児)