悪気がなけりゃいいわけじゃない!男子が傷ついちゃう褒め言葉5つ(photo by oneinchpunch/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】好きな男子を目の前にすると、ついつい好意ゆえに褒めたくなっちゃう女子が多いようですが、よかれと思って口にしたその言葉で彼が傷ついてる可能性があるんです。今回はそんな男子が知らず知らずのうちに傷ついちゃってる褒め言葉をご紹介します。

【他の記事を見る】男性が「デブ」と認定するポイント5選

♥諸刃の剣である「モテそう」


悪気がないことは相手も絶対にわかってはいますが、ある種彼の人格をモテだけで決定づけしてしまいそうなこの言葉はアウトです。

特に仕事において社会的地位が高い男子に言うのは絶対に駄目。

その地位ゆえにモテていると遠回しに聞こえてしまうため、モテそうだなと思ったときは「素敵ですね」などの素直な言葉で褒めるようにしましょう。

♥メガネ男子には禁句「頭よさそう」


実際はどうかは置いておいて、これも悪気は絶対にないはずの褒め言葉ですが、人によっては「大人しそう」「固そう」なんていう捉え方をする場合も。

ほとんど同じ意味ですが「知的ですね」などの言葉でフォローするようにしたら、彼も悪い気はしないですよ。

特にメガネをかけている彼は日頃から言われまくっており、それに対して嫌だと思っている人は心の奥から嫌がっている場合が多いため、「頭よさそう」とは言わないほうが無難でしょう。

♥恋愛対象から外れちゃう「真面目そう」


これは、彼があなたから恋愛の対象に見られていないと勘違いしてしまう言葉の筆頭です。

もしもあなたが男性から言われたら、その相手の男性が自分のことを恋愛的に好きだとは思えないですよね。

それゆえに、心から嬉しいと思える人は少ないと思いますよ。

その理由は、恋愛の始まりは「真面目」の延長線上にないことが多いから。

誠実そう、などの言葉に置き換えるようにしましょう。

♥無難な存在だと思われちゃう「優しそう」


確実に褒め言葉なはずですが、昔から「優しそう」はある種決まりきった恋愛対象外への褒め言葉だとされています。

最近ではそういうふうに思う人も減ってきたようですが、それでも刷り込まれた先入観から、恋愛対象に見られていないと思う男子は多いようなので注意が必要です。

どうしても「優しい」と言いたい場合は「優しい人が好き」だと付け加えるようにしましょう。

♥お金目当てだと思われる「お金持ちだね」


お金に関する言説は恋愛シーンにおいて相当なNGワードです。

ガツガツしていると思われてしまう上、卑しさを感じてしまう人もいるようです。

彼の収入や使えるお金の状況を知りたくてもぐっと我慢することが、その後の発展に繋がりますよ。

重い上に下品だと思われてしまうために、絶対に口にしないほうがいいでしょう。

いかがでしたか?

悪気がないからといって、口にするとその恋愛は逃げていってしまいます。

彼の顔色を覗いつつ、ご紹介したNGワードは絶対に避けるようにしましょう。(modelpress編集部)