グーグルの配送ドローン計画「Project Wing」が米国でテスト開始

写真拡大

アルファベットの「Google X」部門はようやく、米国内で配送ドローンのテスト飛行を実施する許可を得た。テストで得られたデータは政府当局などと共有され、今後の規制づくりに役立てられるという。

グーグルの親会社であるアルファベットはようやく、米国の規制当局から、米国内で配送ドローンの試験を開始する許可を得た。

「グーグルの配送ドローン計画「Project Wing」が米国でテスト開始」の写真・リンク付きの記事はこちら

アルファベットの実験的プロジェクト部門「Google X」が「Project Wing」(日本語版記事)という名で開発しているドローンは、来年早々にも荷物を配達できるようになる可能性がある。

アルファベットの課題のひとつは、アマゾンなどのほかの配送ドローンメーカーと同様に、規制の壁を越えることだった。だが米国政府は今回、これまでの規制を緩めてこの壁を越えやすくした。規制当局はProject Wingに対して、テスト用に承認されている6カ所のうちの1カ所で、「操作実験」の実施を許可している。

米国政府は8月2日付けの声明で、「Project Wingは、外付けでの貨物の運搬や、視界外操縦(beyond line of sight:BLOS)をテストする予定だ」と述べている。

「同社は、低価格で拡張性のある既存の通信技術と情報技術を使用して、低高度での安全な小型無人航空機(sUAS)運用のためのオープンインターフェースな空域管理ソリューションの開発と展開にも着手することになる」と、米国政府の声明では述べられている。

ただしアルファベットは、今回の措置の見返りとして、テストで得たデータを政府やパートナーたちと共有することを求められている。配送ドローンの安全上の規制づくりに役立てるためだ。今回の措置は、ドローンにおける「安全性の統合と革新性の採用を推進する」ことを目的にしているのだ。

米国の規制当局は、民間企業によるドローン配送システムのテストをずっと許可してこなかったが、2016年6月、米連邦航空局は初めて商業ドローンの飛行規則を発令した

米国が商業規制の制定に乗り気でない様子を見た企業側は、海外でのテストに活路を求めた。アマゾンは7月25日(米国時間)、英国の民間航空局から、さまざまなモデルのドローン(日本語版記事)を肉眼で確認できないエリアで飛行させるテストの実施許可を得ている。

RELATED