写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIのグループ会社であるSupershipは4日、チャット形式で検索できる「Syn.search(シンドットサーチ)」の提供を開始した。利用料金は無料。

Syn.searchは、Facebookのメッセンジャープラットフォーム「bots for Messenger」を活用したチャット形式の検索サービス。知りたいキーワードをメッセージとして送信すると、参画する各サービスのなかから関連情報が表示される。また、地域や星座といったユーザー情報を設定することで、毎日決まった時間に天気予報や占い結果などが届くという。

サービス開始当初は、「ウェザーニュース」の天気情報や、「運動通信」のスポーツ情報、「cocoloni」の占い結果、「nanapi」のハウツー情報などが表示される。今後は、その他のアライアンスサービスのコンテンツも検索結果に表示するとともに、ユーザーの質問をもとにした回答精度の向上に努めていくとしている。