写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイオステクノロジーは8月4日、機械学習機能を搭載したIT運用分析ソフトウェア「SIOS iQ」の最新版「SIOS iQ Version 3.8」の提供を開始した。最新版は性能問題の発生予測機能を追加したほか、効率性分析機能を強化した。

SIOS iQは2015年7月にリリースし、システムに存在するオブジェクトの振る舞いと関連性を分析・学習する機能を備え、問題を検出した際、完全に自動で根本原因と影響範囲の分析を行うことが特徴。

最新版では1週間先までに発生する可能性のある性能問題を予測し、関連するオブジェクトの相関関係、曜日・時間帯などをPerformance Forecastingダッシュボード上で詳細にレポートする新機能を搭載した。これにより発生する問題が深刻化することを未然に防ぎ、安定した仮想環境の運用に役立てることが可能になったという。この新機能に合わせてユーザーインタフェースも機能強化し、総合的な効率性レポートを生成する機能も同時にリリースした。

さらに、効率性分析の機能強化として過度にCPUやメモリが多く割り当てられた仮想マシンを検出する新機能を搭載し、慢性的にCPUやメモリが不足している仮想マシンに余剰リソースを再配分するなど、CPUとメモリの利用効率を最大化することを可能にした。

加えて、vCenterから登録が削除され、管理対象外となった仮想マシンイメージを検出する新機能も追加。この新機能とストレージの枯渇予測機能を併用することで、ストレージの利用効率において仮想環境全体の最適化を実現することが可能になったという。

最新版は、1物理ホストに1ライセンスを利用するサブスクリプション形式で提供し、無償版のFree Editionも用意しており、日本、米国、欧州の各市場向けに提供する。価格はStandard Editionが24万円/年。

(岩井 健太)