「PROJECT Samantha」による『罵倒少女』対話サービス 罵倒少女 Illustrated by mebae(Kaikai Kiki)©mebae / Kaikai Kiki [PROJECT Samantha]©Sony Music Entertainment(Japan)Inc. ©Institute of Language Understanding Inc. ©pixiv

写真拡大

AIを使用して架空キャラクターとのコミュニケーションを実現するサービスのベータ版が、pixivで公開された。

【もっと画像を見る(13枚)】

ソニー・ミュージックエンタテインメントと言語理解研究所が共同開発した対話型人工知能「PROJECT Samantha」を使用する同サービス。本日8月4日から8月15日まで公開中のベータ版では、カイカイキキ所属のイラストレーターmebaeによる作品『罵倒少女』に登場するキャラクター「素子」をAI化しており、文字を使用したチャット形式でコミュニケーションが可能だ。特設ページで使用されている素子の声は井上麻里奈が担当している。

同サービスはスマートフォンにも対応。利用にはpixivのIDが必要となる。

なおPROJECT Samanthaは対話型人工知能エンジン「K-laei」を使用。K-laeiは自然言語理解システムとマシンラーニングをハイブリッド化した知識駆動型AIとなり、ユーザーの意図を推論したり、対話の状況から動的に感情が変化するなど、利用者との対話から学習していくという。PROJECT Samanthaの本サービス開始は2017年を予定している。