なぜかいつも「トラブルの中心にいるママ」に共通する特徴3つ

写真拡大

子どもができると、ママ友との付き合いも多くなります。

自分の好き嫌いで選べる友達と違って、子どもを通しての付き合いが前提となるママ友。上手にお付き合いしていきたいけれど、些細な言動で亀裂が入ることもあり、どうやって付き合っていけばいいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ママ友との付き合いは、子どもにも影響してくるのでうまくやっていきたいものですよね。

何かが起こる前に、ママ友になるのを避けた方がよい危険人物の特徴を知っていれば、ママ友トラブルを未然に防ぐことができるのです。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事と海外情報サイト『POPSUGAR』を参考に、トラブルの中心となる“絶対に近づきたくないママ友の特徴”3つをご紹介します。

 

■1:都合よく人を使ってくる

自分が何かを頼みたい時だけ電話をかけてきて、「子どもを預かって欲しい」「学校の当番を変わって欲しい」と頼んでくる人がいます。

大抵そういう人はこちらの都合も聞かずに一方的にお願いしてくることもあるし、自分が今度はお願いを聞くから、な〜んて配慮もありません。

そう、あなたはうまく使われているだけなのです!

親切な人ほど断れないでしょうが、カモになる前にそういう人とはママ友をやめましょう。

 

■2:対抗意識満々

驚くことに、何に対しても自分の子が一番じゃないと納得しない母親という人もいるもので、何かにつけてあなたの子どもと張り合ってきます。

成績や運動能力だけでなく、エスカレートしてくると持っているおもちゃや着ている洋服の値段まで比べたがります。

その上悪いことは一切認めないので、万が一その子どもといざこざがあった時には大惨事になるかもしれません。

まさに、「うちの子に限って」状態です。子どものためにもそういうママ友とは距離をおきましょう。

 

■3:裏で悪口を言う

「これは内緒ね」「ここだけの話ね」など女子の会話ではありがちなフレーズですが、このあとに誰かの悪口が続くようなら要注意です。

大抵、こういうことを言う人は他でも同じことを言って誰かの悪口を言っているものです。

自分の前ではいい顔をしていても、裏で何を言われているかわからないと思うと本音で話をしたり、相談したりなんてできませんよね。

あの人だけにしか言わなかったことなのに、気付いたら他の人にまで話が回ってるなんてことになったら取り返しがつきません。

本音と建前はあって当然ですが、それを乱用するママ友とは付き合わない方があなたのためです。

 

以上、“絶対に近づきたくないママ友の特徴”3つをご紹介しましたがいかがだったでしょうか? ママ友は子育ての悩みを共有したり一緒に遊びに行ったり、なにかと孤独になりやすい子育ての強い味方でもあります。

本当のママ友は、子どもが手を離れた時にもちゃんとそばにいて、あなたを支えてくれる大切な友達になりますよ。

子育てや学校生活の足を引っ張られないよう、ママ友選びは慎重にしたいですね。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 親の「褒める子育て」が子どもをダメにしてしまう納得の理由4つ

※ メリットとデメリットを比較!苦手な人でも上手にママ友を作れる方法

※ ママ友ドン引き!「猟奇的な妻」認定される夫の愚痴LINE4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ キレイママがこっそり使っている「100%天然シャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 暑い夏でも大丈夫!子どももママもハッピー「室内遊び」8つ

※ 尽くすのはB型…では亭主関白は?血液型別「焼肉の食べ方」が判明

 

【参考】

※ How to Deal With Toxic Mom Friends - POPSUGAR.

 

【画像】

※ marcogarrincha / Shutterstock