炎天下の車内で何が?日産「#熱駐症ゼロプロジェクト」のムービーがコワイ!

写真拡大

日産自動車が、本格的な夏の到来にあたり、子どもやペットの“車内放置”による事故を未然に防ぐため『#熱駐症(ねっちゅうしょう)ゼロプロジェクト』をスタートさせた。

 気温35℃、車内は15分で危険レベルに!

毎年、夏になると気温が上昇する自動車の中に、子どもやペットなどを放置することによる熱中症事故が多発。

日本自動車連盟(JAF)によると、2015年8月の1ヶ月間で、JAFが出動したキー閉じ込み救援のうち、236件が子どもの車内放置だったという。

「ちょっとだけなら大丈夫」という思いで、子どもを乗せたまま車を離れてしまうことはあるかもしれないが、2012年にJAFが実施した検証テストでは、気温35℃の炎天下に駐車した車内の熱中指数がたった15分で「人体にとって危険なレベル」に達することが判明したという。

気温35℃以上の猛暑日がそれほど珍しくない近年、ほんの数分が命取りになってしまうことも。

特に、今年の夏は「史上最も暑い夏になる」との予測も出ているので、充分な注意が必要だ。

 熱中症ならぬ「熱駐症」対策プロジェクト!

気象庁が関東の梅雨明けを発表したことを受け、日産は『#熱駐症ゼロプロジェクト』をスタート、8/4〜プロジェクトムービーを公開した。

main

ムービーでは、炎天下に置かれた車内で起こる変化が分かりやすく再現されている。

チョコやグミ、クレヨンまでもがドロッドロに溶け出し、感熱紙の文字が消え、コーラのペットボトルが破裂する…気温がぐんぐん上昇する車内の映像は衝撃的。

こんな車の中に、子どもやペットが乗っていたら…と、思うとちょっとしたホラーよりも怖い。

sub1

 カーナビ、SNSを使った「熱駐症」対策も!

日産は、車内放置の危険性をより多くの人に知ってもらうため、カーナビやSNSを活用したサービスもスタート。

8/6〜スタートする『真夏日アラート』は、真夏日の予報が出るエリア(県単位)に在住するドライバーが、車を運転する際に車両のナビ画面に警告表示を配信するサービス。

sub2

日産が提供するテレマティクスサービス「カーウイングス (CARWINGS)」のシステムを活用したもので、「NissanConnect CARWINGS いつでもLink」対応のカーナビ搭載車に配信されるという。

さらに、日産公式twitterでは、動画で紹介した“熱で破壊されるアイテム”を個別に解説したり、暑くなった車内を早く冷却する方法を紹介するなど、継続的に情報発信を実施。

ユーザーからの体験も募集し、特設サイトに掲載する予定もあるという。

筆者が子供の頃の夏は「今日、30℃もあるよ!」と温度計を見てビックリしていたものだが、今は30℃といったら「今日は、それほど暑くないな」レベル。

数十年の間に気温が10℃近くもあがった怖すぎる状況を考えると、熱中症対策は思った以上に積極的に取り組んだほうが良さそうだ。

また、JAFも車内温度を下げる実験結果を公開しているので、そちらも参考にしてみてはどうだろう。