台湾台南市の一角に、日本統治時代の瀟洒(しょうしゃ)な洋風建築が残されている。撮影したのは台湾南部を中心に活動するカメラマンの蕭文彬だ。

写真拡大

台湾台南市の一角に、日本統治時代の瀟洒(しょうしゃ)な洋風建築が残されている。

【その他の写真】

1900年に建設されたこの建物はかつての台南県知事官邸。撮影したのは台湾南部を中心に活動するカメラマンの蕭文彬(シャオ・ウェンビン)だ。同官邸は皇族が訪問された際の宿としても使用されており、昭和天皇も皇太子当時、お泊りになった。1941年までに約20人の皇族が訪問されたという。

現在は市の古跡に指定され、「時鐘楼」とも呼ばれている。象牙色の外壁に、レンガでできたアーチが印象的だ。庭から2階を見上げ、廊下を行き来した人に想像を膨らませるのも楽しい。(編集/野谷)

●蕭文彬(シャオ・ウェンビン)
1956年生まれ。台湾台南市出身。幼少時代は貧しい家庭に育つ。父の「家族写真を撮るためカメラを借りたい」との申し出を親戚が断ったことが、プロのカメラマンを目指すきっかけとなった。初めて手に入れたカメラは中古のペンタックス。ここから本格的な撮影技術の学習をスタートさせる。現在は台湾南部を代表するカメラマンとして中華南群撮影学会理事長や台南市撮影学会の副理事長を務める。2015年12月には台南市の新光三越で個展を開催した。