中国を訪れたことがあれば、中国の交通事情がいかに日本とかけ離れた存在か分かるだろう。特に自動車の運転マナーは向上の余地が大いにあり、無理な割り込みや渋滞を招きかねない路上駐車も多い。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国を訪れたことがあれば、中国の交通事情がいかに日本とかけ離れた存在か分かるだろう。特に自動車の運転マナーは向上の余地が大いにあり、無理な割り込みや渋滞を招きかねない路上駐車も多い。

 一方、日本はクラクションもほとんど聞かれず、多くのドライバーが交通ルールを守って安全運転に努めていると言えるだろう。中国メディアの捜狐はこのほど、「日本は国土は小さいものの、自動車大国であることは間違いない」としたうえで、中国人は日本人に運転マナーを習うべきであると論じた。

 記事は、日本は自動車の数が多くて道路は狭いと指摘する一方、「それでも人と車の調和が取れた社会を構築している」と主張し、日本人の運転マナーも完璧ではないにしても、「無理な割り込みや無茶な路上駐車がないだけでも、中国人は日本人に学ぶべきである」と論じた。

 続けて、日本人は「秩序を守る概念が発達している」とし、渋滞が起きてもクラクションを鳴らすことはないと指摘したほか、緊急車両の専用道路を走行することもないと主張。ましてや無理な割り込みなど行うはずがないとし、「渋滞で並ぶことになっても日本人は秩序を守る」のだと指摘した。

 さらに、日本では「狭い道で大型のバスがゆっくりと走っていた場合、バスは後ろの車両を先に行かせるために自ら路肩に寄る」とし、これほど調和の取れた交通状況が見れる国は「世界広しと言えどもごく少数だ」と主張した。中国の人びとの運転マナーは決して良いとは言えない状況で、2車線の道路に3台の車が並走するような状況もある。中国都市部では深刻な渋滞が発生しているが、運転マナーを向上させるだけでも渋滞の緩和には一定の効果があるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)