オレには無理だー! 男性が思わず尊敬する職業6選 「子どもに自慢できる●●」ほか

写真拡大

働いている人たちの中には「自分だったら、とてもじゃないけれどできそうにない!」という大変な仕事をしている人も。そこで社会人男性に、自分だったら多分できないと思う「尊敬する職業」について聞いてみました。

■医療関係の職業についている人

・「医師。人の命を預かる仕事は相当なプレッシャーがかかると思うから」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「看護婦さんなど医療現場の人たち。大変な患者もいるだろうに、体力精神ともに最もタフだと思う」(34歳/アパレル・繊維/営業職)

・「医者や看護師。24時間態勢で人の命を救う業務を行っているから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

家族が病気にかかっただけでも大変なプレッシャーを背負うのに、日々病人のケアや治療を行う職業の人はどの位のプレッシャーに襲われるんだろう……と思いますよね。毎日命を救うために働いている医療関係の人には、本当に頭が上がりません!

■消防士・警察官・自衛隊員など

・「消防士。自分も、もっと若けりゃ目指したかったです。人を助けるという、一番難しい仕事。そしてやりがいがある。自分の技術、体力、頭脳、フルで使って人を助ける。子供に胸張って自慢したいです」(27歳/農林・水産/技術職)

・「消防士や自衛隊員のように窮地を救える人」(35歳/情報・IT/その他)

・「警察官。日々起こる犯罪から一般住民を守っているので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

災害や事件が起こる度に、「いてくれてよかった!」と感謝するのが消防士・警察官・自衛隊員などの人をレスキューする人たち。自分がもしもその立場だったら、パニックや恐怖で足がすくみそうですよね。勇気と度胸と正義感が必要な職業です。

■介護職の人たち

・「介護職。自分の親でもないのに世話をできるところ。ストレスも半端ないと思う」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「介護。母が介護福祉士で仕事をしているが、毎日、人のお世話をするのは大変だと思いながらも、毎日仕事に出かける姿に感動するため」(30歳/医療・福祉/クリエイティブ職)

いつも一緒にいる家族ですら大変なのが高齢者の介護。そんな大変な介護を見知らぬ人たちのために、一生懸命やってくれる介護職の人たちを見ると純粋に感動してしまいますよね。心から「いてくれてよかった!」と思える存在です。

■古き良き職人は日本の誇り!

・「日本人の古き良き職人。機械には作り出せない繊細さ。まさに国宝」(30歳/その他/その他)

・「やっぱ職人でしょ。高校の近所に畳屋があってかっこいいと思った」(26歳/医療・福祉/その他)

一本筋を通すところがカッコよく見えてしまうのが職人さんたち。昔かたぎで気難しい人も多そうですが、やはり「仕事への真剣さ」や「日々自分を鍛錬する努力」は見習いたいところがたくさんありますよね。プロ意識を感じる職業です。

■まとめ

働く姿はどんな職業の人でもカッコよく見えますが、中には常人離れしているように見えて、つい尊敬してしまう職業も。上記の職業は、生半可な気持ちでは続けられなさそうですよね。この仕事をしている人は、本当に尊敬です!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳〜35歳の働く男性)