写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERT/CCが運営するフィッシング対策協議会は8月4日、Appleをかたるフィッシング詐欺サイトが稼働しており、フィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を行った。

同日12時00分時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CC にサイト閉鎖のための調査を依頼しているという。類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。

確認されているフィッシングサイトのURLは「●●●●●●●●.com」「●●●●.com/index2.html」で、同協議会はこうしたサイトで、アカウント情報や個人情報 (Apple ID、パスワードなど) を絶対に入力しないことを推奨している。