写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは8月4日、クラウドサービス、ビッグデータを含むビジネスアナリティクス、エンタープライズモビリティ、ソーシャルビジネスの4分野で構成する第3のプラットフォーム向けのITサービス市場について支出額予測を発表した。

IDCでは、国内ITサービス市場における第3のプラットフォームの影響を分析するため、4分野それぞれのITサービス支出額について2020年までの予測を行った。調査の結果、国内ITサービス市場全体が2015年〜2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)が1.7%と低成長で推移する中で、第3のプラットフォーム向けITサービス市場の各分野は高い成長率で拡大すると予測している。

特に成長が見込まれるのがクラウドサービス向けITサービス市場となり、2015年の支出額規模は3848億円に達しているが、2015年〜2020年のCAGRが34.9%と高い水準を維持し、2020年には1兆7205億円を見込んでいる。

また、国内ビジネスアナリティクス向けITサービス市場は、同期間のCAGRは8.9%とクラウドサービス向けには及ばないものの、国内ITサービス市場全体と比較すると高い成長率で拡大を継続するという。さらに、同期間の国内エンタープライズモビリティ向けITサービス市場はCAGRは21.6%、国内ソーシャルビジネス向けITサービス市場は規模が小さいものの、CAGRは30.2%の成長が見込まれる。

IDCでは、これら4分野すべてで2019〜2020年に前年比成長率が再上昇すると予測しており、主要な原動力となるのが、企業/産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)だという。予測期間後半にかけて、企業や産業のDXに対する取組みが本格化することにより、それを支えるプラットフォームとなる第3のプラットフォームの導入や運用を支援するためのITサービスが拡大していくためだとしている。

第3のプラットフォーム向けITサービス市場はDXを原動力として相互に影響しつつ全分野で高成長を継続する一方、第2のプラットフォーム向けのITサービス市場は縮小に向かい、予測期間後半にかけてその縮小幅は拡大すると予測している。

IDC Japan ITサービス シニアマーケットアナリストの植村卓弥氏は「ITサービスベンダーは、第3のプラットフォーム向けITサービス市場におけるサービスが、既存システム領域の第3のプラットフォームへの対応を支援するものと、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援に区別されることを理解し、それぞれに最適なサービスを提供していくことが重要である」と述べている。

(岩井 健太)