8月6日に開催される関東のオススメ花火大会19選!遂に花火大会ラッシュが到来!のキャッチ画像

写真拡大

2016年8月6日(土)に開催される、関東のオススメ花火大会を19カ所ご紹介します。遂に花火大会ラッシュが到来しました!8月6日だけで開かれる花火大会が19個もあると、もはや全部を網羅するのは難しくなります。ここで見たい花火大会をしっかり厳選して、足を運んでください。綺麗な花火と一緒に「夏」を思いっきり楽しみましょう!

東京エリア

●戸田橋花火大会

「いたばし花火大会」との合同開催で、よりいっそう盛り上がる「戸田橋花火大会」。少し高台から見ると、荒川に浮かぶ屋形船と花火のコラボレーションを眺めることができ、夏の情緒を感じられます。なんなら、屋形船に乗っての花火観賞もいいですね!

●エキサイティング花火2016 第41回 江戸川区花火大会

テーマに沿って打ち上げられる花火が特徴的な「江戸川区花火大会」。江戸川河川敷で毎年行われるこちらの花火大会は、東京の夏の風物詩となっています。10分ごとにテーマが変わり、ひとつひとつに見応え・迫力ある演目が披露され、観客はただただ感動の渦にのまれるでしょう。

●第57回 いたばし花火大会

昭和26年から続く歴史ある「いたばし花火大会」。毎年変化を続けるこちらの花火大会は、近年、人気のアニメキャラクターを描く「創作スターマイン」が打ち上げられ子供たちに大人気です。また、関東最長級の「ナイアガラの滝」など、大人もビックリの演目が用意されています。関東近郊に住んでいる方は見逃せない花火大会です!

千葉エリア

●佐倉市民花火大会

全国でもトップクラスの打ち上げ数を誇る「佐倉市民花火大会」。その数約16,000発!さらに関東最大級の「二尺玉」が4発上がることもでも知られており、千葉を代表する花火大会の1つといっても過言ではありません。風車と一緒に見る花火が、少し洋風な雰囲気を感じさせてくれるのもポイントです。

●2016 幕張ビーチ花火フェスタ

今年で38回目を迎える「幕張ビーチ花火フェスタ」。長年千葉市民に愛されてきた花火大会です。毎年テーマを決めており、今年のテーマは「未来への絆〜大切な人に贈るメッセージ〜」となっています。花火にも負けないくらいの素敵なメッセージが打ち上げられる温かい花火大会です。

●銚子みなとまつり花火大会

漁師の町・銚子で開催されるのは「銚子みなとまつり花火大会」です。海の生き物をテーマにした花火が次々と打ち上げられ、子供たちに大人気。また、大人たちもその珍しい花火に釘付けになるでしょう。ぜひ昼間に行われるお祭りと一緒に楽しんでください!

●一宮町納涼花火大会

九十九里浜南端の一宮海岸で開催されるのは「一宮町納涼花火大会」。海岸ならではの解放感に包まれながら、ビルも何もないだだっ広い夜空に鮮やかな花火が打ちあがります。一般的な花火大会ではあまり見かけない「水中スターマイン」は必見ですよ!

●第36回 亀山湖上祭 君津市民花火大会

緑あふれる山々に囲まれた地域で開催される「亀山湖上祭・君津市民花火大会」。なんといっても特徴は「音」です。多くの花火大会が街中や開けた場所で行われるのに対し、こちらの花火大会の周りは山。通常とは違った音の聞こえ方をし、その迫力はなかなか他では味わえないものとなっています!

●習志野駐屯地夏まつり花火大会

自衛隊が地域との交流を目的に開催する「習志野駐屯地夏まつり花火大会」。場所は船橋市にある習志野駐屯地です。こちらはメインがお祭りなので花火の数はやや少なめですが、お昼から行われているイベントと一緒に「夏」を楽しんでください!

●松戸花火大会 IN 2016 -みんなであげる夢花火-

「みんなであげる夢花火」をサブタイトルに掲げ開催される「松戸花火大会」。市民でお金を出し合って花火大会を開くこちらの花火大会では、協賛金に応じて観賞席を確保することができます。花火もクオリティー重視の質の高いものが用意されるので、見に行きたい方はお金を出してみるのもいいですね。

●第32回 市川市民納涼花火大会

東京都江戸川区主催の「江戸川区花火大会」と合同で開催される「市川市民納涼花火大会」。内容は、オープニングの連射や情緒ある江戸花火、音楽とのコラボ花火など見所満載です。去年は江戸川区花火大会との合計観客動員数が日本一に輝いた「市川市民納涼花火大会」。その実力は伊達ではありません!

●手賀沼花火大会 2016

子供たちに大人気の花火大会「手賀沼花火大会」。何でそんなに人気なのかというと、可愛いキャラが描かれる「キャラクターマイン」が打ち上げられるからです。また、「ウルトラジャンボスターマイン」の迫力もあなどれません。子供の喜ぶ顔が見たい親御さんたちはぜひ、「手賀沼花火大会」へ連れて行ってあげましょう!

埼玉エリア

●第33回 朝霞市民まつり「彩夏祭」

こちらの花火大会では、大規模な夏祭り「彩夏祭」を締めくくるべく花火を打ち上げます。「人と人との繋がり」や「とどけよう元気を朝霞から」など、ピースフルなテーマを掲げ開催されるお祭りは、多彩なイベントが目白押し!楽しんで楽しんで楽しみ倒した後に見る花火は最高の一言に尽きます。

●寄居玉淀水天宮祭花火大会

「関東一の水祭り」と称される伝統的な祭「寄居玉淀水天宮祭」では、約5,000発の花火が埼玉の夜空に打ち上げられます。肱川(ひじかわ)に映る花火と、ぼんぼりや提灯で飾られた「舟山車」が見事な光の競演を繰り広げ、観客は思わず息をのむ光景と出会うでしょう。

●草加市民納涼大花火大会

草加市の夏の風物詩「草加市民納涼大花火大会」。子供たちに素敵な思い出を作って欲しいという願いから誕生した素敵な花火大会です。地元のボランティアを中心に手作りで行われる花火大会なので、最近流行りの大規模なものと違い「ほんわか」した温かさを感じる花火大会となっています。

神奈川エリア

●第70回 あつぎ鮎まつり大花火大会

「かながわのまつり50選」のひとつに選ばれる「あつぎ鮎まつり」。このお祭りと共に開催される花火大会では、迫力満点の大ナイアガラが見所です。激しい光を放ちながら散っていく火花が500mも続く様は圧巻です。ぜひお祭りと一緒に花火大会を楽しんでください!

●2016年よこすか開国祭 開国花火大会

ペリー来航150周年を記念して始まった「よこすか開国祭 開国花火大会」。様々なイベントや露店が出店し、横須賀の街が楽しいお祭りムード一色に染まります。また、最終日には海の上から花火が打ち上げられ観衆を魅了。お祭り期間中は、横須賀米軍基地を一部一般公開するなど、注目したいイベントも開催されますよ!

●第27回 小田原酒匂川花火大会

花火大会マニアも納得の「小田原酒匂川花火大会」。ストーリー性を持たせた内容で、小型煙火や斬新な仕掛花火、音楽と花火のコラボレーションなど、これでもかというくらい様々な花火を見せてくれます。純粋に花火を楽しみたいという方には特にオススメです!

●第42回 サザンビーチちがさき花火大会

ビーチ沿いが主な観賞スポットになる「サザンビーチちがさき花火大会」は、海に映る花火が綺麗なことで知られています。職人によって緻密に計算され尽くされた花火は「水中孔雀」と名付けられ、今にも孔雀が羽を広げて飛び立ちそうな、そんな荘厳な景観を見られるでしょう。