写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は8月4日、同日からクレジットカード情報の非保持化を実現する「トークンサービス」を提供すると発表した。

「トークンサービス」は、入力されたクレジットカード情報を「トークン(別の文字列)」に変換したうえで決済できるサービス。ECなどの事業者は、同社が提供する「トークンサービス」のJavaScriptをサイトに組み込むことで、クレジットカード情報の非保持化が実現できる。

クレジット取引セキュリティ対策協議会発表の「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」では、クレジットカード情報の適切な保護の観点からクレジットカード情報を保持するすべての事業者に対して、原則、クレジットカード情報の非保持化もしくはPCI DSSへの準拠を2018年3月までに実施するよう要請。SBPSは「トークンサービス」の提供により、EC事業者のクレジットカード情報の非保持化の実現とセキュリティ対策の強化を支援する。

(丸山篤)