4日、中国台湾網によると、台湾の新たな駐シンガポール代表として2日午前に宣誓式に出席した前国安会副秘書長の江春男氏が、同日夜に飲酒運転で逮捕されていたことが分かった。写真は台湾総統府。

写真拡大

2016年8月4日、中国台湾網によると、台湾の新たな駐シンガポール代表として2日午前に宣誓式に出席した前国安会副秘書長の江春男(ジアン・チュンナン)氏が、同日夜に飲酒運転で逮捕されていたことが分かった。

台湾の聯合報や中央社によると、江氏はホテルでの食事を終え夫人の車を運転していた2日午後10時ごろ、検問で呼気から基準値を超えるアルコールが検出され、公共危険罪で移送された。「食事の際にウイスキーやワインを数杯飲んだ。酔いはさめたと思った」などと供述している。

総統府の黄重諺(ホアン・ジョンイエン)報道官は3日、「飲酒運転はすべきでない。良くない手本だ」とコメントしている。(翻訳・編集/柳川)