写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィッシング対策協議会は4日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。8月4日12時時点でフィッシングサイトは稼働中。

フィッシングメールは「Your Account Will Be Locked」「Your Apple ID has been locked!」などの件名で、アカウント情報が誤っていると偽りフィッシングサイトへ誘導。表示される偽サイトは、「●●●●」「●●●●.com/index2.html」といった、本来のApple公式サイト「」とは異なったものになっている。

フィッシング対策協議会は現在、JPCERT/CCに対してサイト閉鎖のための調査を依頼しているが、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、注意を喚起している。同協議会では、フィッシングサイトにApple ID、パスワードなどの情報を入力しないよう呼びかけている。