写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パピレスとGYAOの合弁会社・ネオアルドは4日、ホラーストーリーを募集する「第3回ぷちほらーコンテスト」の開催を発表し、応募受付を開始した。

このコンテストは、既存のホラー小説にとらわれない自由な発想をもったホラーストーリーを募集するもの。入賞作品は、アンソロジー形式で電子書籍化され、パピレスが運営する電子書店「Renta!」と「Yahoo!ブックストア」での配信を予定している。

さらに、大賞(1作品)にはバルミューダトースター、佳作賞(3作品)にはネスカフェバリスタ、審査員特別賞(5作品)には健康グッズも授与される。

同コンテストは、ネオアルドが運営する電子書籍投稿・編集プラットフォーム「upppi」で開催することにより、投稿された作品は誰でも随時閲覧が可能。応募者はコンテスト期間中、作品に寄せられた読者の意見や感想などを踏まえ、作品を改訂することもできる。

原稿規定は2,000〜8,000字の全年齢向けで、募集期間は9月29日13時まで。選考は10月末まで行われ、11月に結果が発表される。