写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ゲンナイ製薬は8月4日、「帰省時に夫婦が感じるプレッシャーに関する調査」の結果を発表した。調査は7月25日〜27日、全国の20歳〜59歳の既婚男女1,000名を対象にインターネットで行われた。

結婚前に、結婚後のことで不安に感じたことを聞いたところ、「自由なお金が減る」が最も多く49.8%、次いで「自由な時間が減る」が46.8%、「親戚付き合い」が46.5%で続いた。

男女別にみると、男性のトップは「自由なお金が減る」で56.0%となり、女性(43.6%)より10ポイント以上高くなった。一方、女性のトップは「親戚付き合い」で57.6%となり、男性(35.4%)より20ポイント以上も高くなった。