3日、中国財経新聞網は、日本滞在経験を持つ人物のコラムを掲載し、日本で感じたことを紹介した。写真は京都。

写真拡大

2016年8月3日、中国財経新聞網は、日本滞在経験を持つ人物のコラムを掲載し、日本で感じたことを紹介した。

誰かの足を踏んづけてしまった時、日本では踏まれた側が謝ることもある。狭い空間では人と人がぶつかり合うことは日常茶飯事で、日本人はすぐに謝る癖がある。中には電柱にぶつかり思わず「ごめんなさい」と反射的に謝罪する人もいるほどだ。

日本に滞在していた時、日本の友人と出かけバスに乗る機会があった。乗る予定のバスは道の反対側にすでに停まっており、信号は赤だったが人も車も通っていなかったためそのまま横断しようとしたが、日本の友人は私をつかんで離さず、結局、40分待ち次のバスに乗ったのだ。こうしたことからも、日本人はもめ事を避けることを第一に考える傾向があるといえる。

京都に数年間滞在後中国に戻り、10年後にまた日本に訪れた。そこで目にしたのは10年前と変わらない光景だった。昔と変わらない姿でたたずむレストランは、内装や設備にも変化がなく、私は非常に感動したことを覚えている。変わることは容易ではないが、変わらないことはそれ以上に難しい。文化を守り続けるのはそれだけ大変だということなのだ。(翻訳・編集/内山)