レモンの皮を上手に使えば、簡単に香りのいい調味料ができあがります。色もキレイだから、家飲みやホームパーティーを盛り上げてくれるアイテムとして活躍してくれます。例えば、レモン塩は肉や野菜のグリルに添えてつけ塩にして。また、薄切りの白身魚にレモン塩を振って、レモンオイルをかければ、あっという間にカルパッチョが完成!

ホームパーティーならスタイリングにも工夫して!

【レモン塩&レモンオイル】

<下準備>
1・レモン1個をよく洗う。

2・レモンの皮(8割程度)をグレーターなどですりおろす。残りは包丁でそぐように薄く切る。

下準備はレモンの皮をすりおろし…

残った部分を薄く切るだけ。

【レモン塩】

材料(作りやすい最低量)
・<下準備>のレモンのすりおろし 全量
・天然塩(今回はゲランドの塩を使用) 大さじ2〜3

作り方
1・器に天然塩とレモンの皮のすりおろしを入れ、菜箸で混ぜる。

【レモンオイル】

材料(作りやすい最低量)
・<下準備>で切ったレモンの皮 全量
・オリーブオイル 30cc
・粒こしょう(黒、ピンク) 適宜 ※黒コショウはつぶす。

作り方
1・小さな器にレモンの皮と粒こしょうを入れ、オリーブオイルを注ぐ。ラップなどでふたをして常温で半日ほど置く。

中味のレモンはウェルカムドリンクに使っても!

皮を使ったレモンをスライスして、キウイフルーツやハーブと一緒にグラスに入れ、ミネラルウォーターや炭酸水を加えれば、すぐにデトックスウォーターができますよ!

オシャレなヘルシードリンクのできあがり♪

 Point.

使って余ったレモン塩とレモンオイルはパスタを茹でるときに一緒に湯に入れると香りよく茹であがる。



■賢人のまとめ
レモンは皮にこそ栄養がたっぷりと含まれています。ビタミンCもしかり。そして、ビタミンCは体に貯めておけないので、朝、昼、おやつタイム、夜など一日を通じて摂りたいもの。朝やお昼はデトックスウォーターで、ディナーはレモン塩やレモンオイルを料理に使うなど使い分けると続けやすいですよ。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。