画像

写真拡大 (全4枚)

 ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズは、サイト訪問者数についての2016年上半期ランキングを発表した。ランキングからは、「Find Travel」「LAUGHY」「iemo」などのキュレーションメディアの前年比の訪問者数が大幅に向上していることがわかった。

 ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズは、サイト訪問者数について2016年上半期ランキングを作成した。

●PCトップ3は「Yahoo!JAPAN」「Amazon」「楽天市場」

 2016年上半期における流入上位1,000サイトについてサイト訪問者数を集計したところ、PC利用上位3サイトは1位「Yahoo!JAPAN」、2位「Amazon」、3位「楽天市場」という結果になった。「Yahoo!知恵袋」は昨年の調査では7位だったが、今年は5位に浮上している。
クリックで拡大

 また、流入上位20サイトのうち、昨年上半期よりもサイト訪問者増となったのは「Twitter」(前年比103.6%)、「Yahoo! ショッピング」(前年比103.5%)、「Yahoo! 知恵袋」(前年比102.5%)、「教えて!goo」(前年比101.6%)、「Yahoo! オークション」(前年比100.8%)の5サイトという結果だった。

●PC利用ではキュレーションメディアが躍進

 2016年上半期のサイト訪問者数を前年同時期と比較して、訪問者数の伸び率が高いサイトを、業界問わずランキング形式にした。
クリックで拡大

 その結果、前年比が最も高かったのは旅行情報のキュレーションメディア「Find Travel」で前年比306.8%、次いで女性向け情報サイト「LAUGHY(ラフィ)」が前年比274.0%、インテリア情報のまとめサイト「iemo(イエモ)」が前年比271.9%と続いた。直近2、3年で新たに立ち上がった旅行や生活、ファッションにまつわるキュレーションメディアが急激に訪問者数を伸ばしていることがわかった。

●スマートフォン利用のトップ3は「楽天市場」「Yahoo!知恵袋」「Amazon」

 スマートフォン利用での2016年上半期サイト訪問者数ランキングをみると、1位「楽天市場」、2位「Yahoo!知恵袋」、3位「Amazon」のほか、4位「ウィキペディア (Wikipedia)」、5位「NAVER まとめ」と、 PC利用のランキングとは異なる顔ぶれが上位となった。
クリックで拡大

 また、「食べログ」「ぐるなび」といった飲食店を検索できるサイトもトップ20位に入り、 外出先での利用が多いと考えられるサイトが上位となりました。

【調査・分析概要】
ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2016年上半期(1月〜6月)における流入上位サイト(1,000サイト)について、PCとスマートフォンそれぞれのアクセス数をもとに、サイト訪問者数を調査。PCからのアクセスに関しては、昨年上半期におけるサイト訪問者数と比較し、その伸び率を算出。※ランキング表内の「カテゴリ」はヴァリューズが独自に定義。

MarkeZine編集部[著]