レアなさかなカーですが、アメリカのクライスラー、そしてその後クライスラーに吸収されるアメリカン・モータースにそれぞれ一種ありました。

クライスラーは、これもいまはなきブランド、プリマスの「バラクーダ」、例によってアメリカ・エンシューは短縮し、「クーダ」と呼びます。

バラクーダは、熱帯、亜熱帯の魚で、大きいのは1.8mくらいなります。スリムで上下2対フィンを持ち、かなり高速で泳ぐということ。下顎の出っ張った大口は、いまのスタイリング傾向ドンピシャかもしれません。

クルマのバラクーダは、1964年から74年まで3代生産されたスポーティ2ドアクーペで、初代と2代目はコンパクトカー、ヴァリアント・ベースでした。この種のフォード・マスタングの2週間前に発表されたのですが、市場ではあっという間に抜かれます。初代は、RX-7 SAが羨むようなサイドまで回りこんだ巨大な一枚リアウインドウをつけて出ました。

初代は直6だけでしたが、2代目からはV8が加わりました。1970-74年の3代目、とくにハイパワーV8型は蒐集対象になっています。

かつて、アメリカにはビッグスリーに加え第4メーカーが存在しました。 アメリカン・モータース、略してAMCで、もともとはナッシュとハドソンが合併してできました。

ナッシュがピニンファリーナ・デザイン、ハドソンは床をフレームより低めた、『ステップダウン』なるユニーク構造を採用しましたが、異名同車となり、やがてAMCブランドとなります。

AMCがサブブランドとして立ち上げたのが「ランブラー」ですが、ひとり歩き、いや走りを始めます。「マーリン」も60年代のコンパクトスポーティの波にのったクーペでした。

マーリンとは、クロカジキ科のさかなです。文豪ヘミングウエイの『老人と海』の主人公の釣り針にかかるのがマーリンです。最大5m、800kgに達する大物です。クルマのマーリンは、AMCミッドサイズ・プラットフォームを用いたクーペで、1965-67年にわたって販売しました。

66-67マーリンのボンネットには、カジキをアブストラクトしたマスコットが立っていました。65-66マーリンのデザインで特徴的なのはファストバックのリアウインドウです。ミッドサイズ・スポーツクーペは、マスタングなどのポニカー、ビッグ性能型に挟まれた半端な存在で、マーリンも3年で終了しています。AMCは、カイザー・ジープを併合しますが、のちに仏ルノーが買収します。ルノーをもってしても、AMCの再興はできず、クライスラーに売却します。

(山口京一)

さかながテーマのクルマその3「アメ車」2車種【F2P Vol. 18】(http://clicccar.com/2016/08/04/390217/)