束の間の戯れ…毎日絆を深める郵便屋さんとワンコが微笑ましい

写真拡大

家族ではないのに家に近付き、時には敷地の中にまで入ってくる郵便配達の人。

家を守るワンコにとっては、要警戒の対象であり、吠えることはあっても歓迎することなど稀だろう。

配達先のワンコと大の仲良し

しかし今、本来相容れない関係であるはずの両者が、毎日絆を深める光景が「微笑ましい」と話題になっている。

その現場をフェイスブックで公開したのは、ニュージーランドのタウランガに住むマイケル・コリンズさん。

ワンコの所に毎日立ち寄る

彼の家では、毎日、束の間愛犬と戯れる郵便屋さんの姿が目撃されている。

いつものように配達に寄った男性。この家のポストに手紙を入れた。

Michael Collins/Facebook

Michael Collins/Facebook

待ってましたとばかりに、愛犬の方から彼に近付いていく。

愛情いっぱいに犬をなでる

郵便配達の男性はしばらくの間、優しくワンコをなでている。

Michael Collins/Facebook

Michael Collins/Facebook

相当な犬好きなのか、慈しむように優しく優しくなで続ける。

Michael Collins/Facebook

Michael Collins/Facebook

犬の方も嬉しそうにしっぽを振って甘えているようだ。

Michael Collins/Facebook

Michael Collins/Facebook

「また明日」とでも言っているのだろうか、ワンコに一言声をかけてから、彼は再び仕事に戻っていった。

Michael Collins/Facebook

Michael Collins/Facebook

この犬に近付く人はあまりいない

時間にしてわずか1分足らずだが、飼い主によると、彼はこの家宛ての郵便があってもなくても、毎日必ず立ち寄って犬を可愛がってくれるという。

愛犬は生後9か月。体が大きいせいか、みんな怖がってあまり寄ってこないそうだが、「この郵便配達の男性だけは例外」と飼い主。

投稿には、「わざわざ自転車を降りて、毎日うちの犬をハグしてくれる。配達ご苦労様。今日も友達がお待ちかねです」と綴られている。

動画の再生回数は260万回に迫り、複数の海外メディアでも取り上げられた。

動画を見た人からは、

郵便配達の人に吠えない犬なんて珍しい!見ていてほのぼのする彼を待ちわびるワンコが可愛い優しい郵便屋さんと立派な犬…惚れ惚れとする光景

といった声が聞かれ、微笑ましい両者の絆が、人々の心を温かく包み込んでいるようだ。