航空自衛隊も導入予定の新型ステルス戦闘機F-35A「ライトニングII」について、アメリカ空軍が実戦配備を発表。ただ、「サイドワインダー」空対空ミサイルや機関砲を撃てず、能力が対地攻撃に偏っているため、空自への導入について懸念する声もあるようです。不審機に対するスクランブルなど、空自の任務にF-35Aは適しているのでしょうか。

遠くないうちに対イスラム国などで初陣か

 2016年8月2日(火)、アメリカ空軍は開発中であったステルス戦闘機、ロッキード・マーチンF-35A「ライトニングII」について、「初期作戦能力(IOC)」の獲得を宣言。ヒル空軍基地(ユタ州)に駐留する第34戦闘飛行隊において、最初の実戦配備を完了したことを明らかにしました。

「初期作戦能力の獲得」とは、「実用戦闘機」として実戦への投入が可能な最低限の能力を有したことを意味します。F-35Aは恐らくそう遠くないうちに、ISIS(イスラム国)に対する攻撃などにおいて初陣することになるでしょう。

 F-35にはいくつかのタイプがあり、そのうち初めて、アメリカ海兵隊向けの短距離離陸・垂直着陸型F-35Bが昨年、2015年7月に初期作戦能力を獲得。今回のF-35Aは、それに次ぐ実用化になります。F-35Aは、アメリカ空軍向けの通常離着陸型タイプです。


2014年の航空観閲式で展示された、日の丸を掲げるF-35Aのモックアップ(2014年、関 賢太郎撮影)。

 このF-35Aについて、アメリカ空軍は1763機の生産を計画。航空自衛隊も42機を導入し、今年9月にも日本向け初号機が引き渡される予定になっています。

 ただ実はこのF-35A、初期作戦能力の獲得が宣言されましたが、AIM-9X「サイドワインダー」短射程空対空ミサイルや、機関砲を射撃する機能を持ちません。つまり、目視距離内で航空機同士が交戦するのに必要な兵装がないのです。

対地攻撃能力に偏っているF-35A、空自導入に懸念の声も

 現在、F-35Aが使用可能な兵装はAIM-120「アムラーム」視程距離外空対空ミサイル、「JDAM」GPS/慣性誘導爆弾、「ペイブウェイII」レーザー誘導爆弾のみであり、空対地戦闘能力にかなり偏っています。

 空対空戦闘能力が限定的で、空対地戦闘能力に偏っているF-35A。そのため、おもに戦闘機としてF-35Aを使用したい航空自衛隊への導入は、問題があるのではないかと一部で指摘されているようです。


空対地能力に偏った形で実戦配備されたアメリカ空軍のF-35A(写真出典:アメリカ空軍)。

 しかしながらこうした懸念は、「無用な心配」といえるでしょう。

 戦闘機の開発には非常に長い時間が必要なため、優先順位をつけて順次機能を実装してゆくやり方がとられます。そのためF-35Aは実用化されたとはいえ、まだ“本領を発揮できない状態”です。

 今回のF-35A実用化は、「ミッション(戦闘)システム」のソフトウエア「ブロック3i」の完成により、達成されました。

 この「ブロック3i」において使用可能な兵装は先述の通り、空対地戦闘能力に偏っていますが、目視距離内の交戦に必要なAIM-9X「サイドワインダー」短射程空対空ミサイルや機関砲を射撃する機能も、「完全作戦能力」を得る「ブロック3F」ソフトウェアにおいて実装される見込みです。

日本の実戦配備は「完全作戦能力」獲得後、2020年ごろか 戦闘機の「質的優勢」確保へ

 本年中に航空自衛隊へ引き渡されるF-35Aは、ロッキード・マーチン社(アメリカ)のフォートワース工場(テキサス州)で組み立てられた合計4機のみであり、この機体は当分のあいだ、アメリカでの訓練に使用され、来日しません。

 航空自衛隊が導入するF-35A合計42機のうち、残りの38機は三菱重工の小牧南工場(愛知県)に設置されたF-35A最終組み立て検査工場(FACO)で生産され、2017年には“日本産初号機”(累計5号機)が完成する予定です。ただ、航空自衛隊において1個飛行隊を実戦配備するのに必要な約20機が揃うのは、2019年から2020年頃になると見込まれています。

「完全作戦能力」を得る「ブロック3F」ソフトウェアの実用化は2017年が予定されており、2019年には「ブロック4」も完成します。それ以前に製造された機体も、新しいソフトウェアへアップグレードが可能です。したがって、航空自衛隊のF-35Aがスクランブル(緊急発進)のためアラート待機を開始するころには、「完全作戦能力」を得た状態になっているでしょう。

 F-35Aは機動性にやや欠けるため、すばやく不明機を迎撃する能力はそれほど優れているとはいえません。しかしながら卓越した情報収集処理能力、ネットワークによる情報共有能力によって、敵機を早期発見する能力は“世界最強”ともされるアメリカ空軍のF-22戦闘機さえはるかにしのぎます。またそのステルス性は、演習において既存の戦闘機ではほとんど探知できないことが確認されています。

 戦闘機による現代の空中戦は、先に発見してミサイルによる先制攻撃を加えたほうが“勝利者”となります。こうした能力が抜群に優れるF-35Aの実戦配備は、近年活発化する中国空軍の戦闘機に対し、質的な優勢を当面、維持し続けることを可能にするでしょう。