フィールドは急斜面。オーストリア発の「アルパインサッカー」がタフすぎる!

写真拡大

「普通のサッカーなんて退屈だ」

そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー」。そこには、オーストリアアルプスを中心とする山々に囲まれた、同国ならではのプライドがあった。

世界初!
エクストリームなサッカー

このアルパインサッカーが、普通のソレと違う点はただ一つ。見てのとおり平坦なフィールドではなく、このような斜面でボールを追いかけること。

斜面がいかに急なものであるかがわかるはず。

さすがにこれはキツくない?

「もちろんタフだ。山においては、すべてのことがハードだからな。サッカーだって例外じゃないぞ」

「フランス人が使っているような普通のフィールドなら、誰だってプレーできる。でも、あんなの弱虫のサッカーだ」

「俺たちは斜面でしかプレーしないよ。女の子も大好きだが、同じくらいアルパインサッカーを愛している」

相手と接触し転倒してしまうと、このありさま。

その様子を見て爆笑。

このタフすぎるサッカーを思いついたのは、2014年ワールドカップブラジル大会の時だったそう。

「試合を見ていたんだが、それはもう退屈だった。選手たちはまったくしんどそうじゃなかったからな。俺たちの山を走ってみろと思ったね」

山の国ならではの、男たちのプライド──。ポジティブに解釈するとしたら、既存のものでも発想や工夫次第でもっともっと楽しめる、って感じ?

Licensed material used with permission by MYVAN