水がめには降雨は?

写真拡大

気象庁は28日(2016年7月)、ようやく関東甲信地方の梅雨明けを発表した。そうなると首都圏の水不足が心配になる。鬼怒川水系の4つのダムの貯水率は43%で、先月16日から実施していた10%の取水制限をきのうから20%に引き上げた。これは19年ぶりだという。

週明けの都心はまたグズグズ天気

今後の天気はどうなるか。気象予報士の藤富郷が伝える。「週間予報を見ていただきたいんですが、きょうも東京は32度まで上がるということで、暑さが続く感じなんです。土曜日までは安定した晴天が続きます。しかし、日曜日以降は曇りマークが多くなって、雨が降りやすくなります。平年ですと梅雨明けから10日ぐらいは晴天が続きますが、今年はちょっと短いようです」

司会の加藤告次「曇りマークになってますが、月曜日からは雨と考えた方がいいんですか」

藤富「そうですね。きょうあすは晴れから曇りですが、月曜日からは曇りから晴れということで曇りがベースになります。にわか雨の可能性があると思います」

この夏の降雨予想・・・西日本・北海道は多雨、東日本・東北は平年並み

加藤「心配なのは関東の水不足ですよね」

藤富「そうですね。そこで降水量の予想を見てみますと、西日本と北海道が多いんですが、東日本、東北はほぼ平年並みということです。ただ、熱帯低気圧が日本列島の東側に発生したので、湿った空気が流れ込んできて関東の山沿いを中心にまとまった雨が降る可能性はあります。水不足を解消するほどではないんですが、少しは恵みの雨になるかと思います」

ビレッジマン