写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社であるペイジェントと、コイニーは8月3日、「maneco(マネコ)」において対面決済機能の提供を開始すると発表した。

manecoは、加盟店が導入の際に発生する手間を削減した決済代行サービス。今回の対面決済機能の提供により、ECサイトとリアル店舗の双方を運営する事業者は、「maneco」を利用することで対面・非対面決済の双方をスピーディーに導入でき、さらに管理画面で決済の手続きを一元管理が可能になる。

ペイジェントは、決済システムを提供。対面決済の際には、加盟店の持つスマートフォンやタブレット端末とコイニーが提供するICカード対応端末「Coineyターミナル」を使ったクレジットカード決済サービス「Coiney」を利用して決済する。

なお、今後は「Coineyターミナル」を用いた継続課金の機能を追加で提供予定で、顧客のカード情報を登録し、管理画面から設定するだけで習い事の月謝など継続的に発生する定額請求の決済を自動で毎月行えるようになる。また、カード情報の登録に「Coineyターミナル」の使用により、従来のような用紙への情報記入が不要となるため、情報漏洩のリスクを下げられるという。

(Aries)