【その発想はなかった】ネットユーザーが『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』レイの出生に関するヒントを指摘! その説得力がマジでヤバい!!

写真拡大

2015年12月に公開され、世界中で大旋風を巻き起こした『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』。日本でも大ヒットを記録し、多くの人が劇場に足を運んだことと思う。本作では、ある登場人物の意外な血縁関係が明らかとなり、上映中に息を呑んだ観客は多かったに違いない。

そして、次作は主人公レイの血筋がストーリーの鍵を握りそうだが、あるネットユーザーが、そんな彼女の出生に関するヒントを指摘! 「その説得力がマジでヤバい!!」と、大きな注目を集めているのだ!! 本文にはストーリーのネタバレを含むので、まだ『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』を見ていないという人は、注意して頂きたい。

・もしかしてレイの祖父は……

レイの出生に関するヒントを指摘して話題を呼んでいるのは、ネットユーザーのヴィンセント・ヴェンデッタさんだ。『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』が公開されて以来、「レイの父親はルーク・スカイウォーカーなのではないか!?」だとか、「レイの祖父はオビ=ワン・ケノービに違いない」などといった憶測が飛び交っていた。

しかし、それは誰でも予想がつく展開で、あまりにも意外性がなさすぎる。そこでヴィンセントさんは、レイの祖父は、、銀河共和国最後の最高議長にして、銀河帝国の初代皇帝である「パルパティーンではないか?」と自論を述べているのだ。

・レイの祖父がパルパティーンだという理論の根拠は!?

パルパティーンは、シス卿のオーダーに属する暗黒卿で、最も強力なシスである。それでは、ヴィンセントさんの驚くほど説得力がある、「レイのおじいちゃんはパルパティーン」論を、以下にいくつか紹介することにしよう。

1:ジェダイ騎士が持つライトセイバーを、地面と平行に、前に突き出すようにして戦う登場人物は、パルパティーンとレイだけである。

2:レイが、フォースを通して未来のヴィジョンを見る場面で、パルパティーンの声が聞こえて来る。何かしら、レイと彼に関連性がなければ、このシーンでパルパティーンの声が聞こえてくる説明がつかない。

3:ダークサイドのレン騎士団の戦士カイロ・レンとレイが対決するシーンで、レイと対面した彼は「お前は……」とつぶやき、彼女のことを知っていた様子。結局、彼がレイを殺すことなく見逃したのは、彼女の素性や血縁関係を知っていたからだとも考えられる。

そして、劇中では明かされなかったが、カイロ・レンがレイを知っていた理由は、彼らが幼かった頃にジェダイ・アカデミーで共に学び、レイはその記憶がないだけではないか……とヴィンセントさんは憶測している。

4:『スター・ウォーズ』は全シリーズを通して、‟スカイウォーカーV.S.パルパティーン”という図式でストーリーが展開されてきた。ルークもアナキンもパルパティーンと対決していただけに、レイの祖父がパルパティーンであれば、今までシリーズで語られてきた物語を反映していることになるからだ。

筆者も、レイの父親がルークだとか、祖父がオビ=ワンだという推論は面白味に欠けると思うので、‟祖父がパルパティーン” 説に肩入れしたいと思う。それにしても、2017年公開予定の『Star Wars: Episode VIII』を目にするのが、待ち切れない思いでいっぱいだ。

参照元:Facebook @Star Wars Episode 7: The Force Awakens、YouTube、Mashable(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る