たまにはクレンジング、見直してみない?

写真拡大

スキンケアアイテムで、結論に迷うのがクレンジング。オイルがいいのかクリームがいいのか、よくわからないという人に、オイルクレンジング、クリームクレンジングの選び方を紹介♪

■ オイルクレンジングは洗浄力「大」・肌への負担「大」

◎ 洗浄力

数あるクレンジング剤のなかでも落とす力が強いのがオイルタイプのクレンジング。これは、油分と水分をなじませる界面活性剤が多く含まれているため。肌につけたときは油分なのに水に濡らすと乳液状になるのは、界面活性剤による「乳化」といわれる作用。これによって油分が多い濃いめメイクもスルスル落ちる。

◎ 肌への刺激

落とす力が強いということは、肌への負担も大きいということ。多量に含まれている油分と界面活性剤は肌への刺激が大。とくにニキビができている肌はオイルがアクネ菌を増やす原因になるため注意が必要。

◎ 使い方

水に濡れた状態でも使えるものが多くお風呂場でもOK。水で洗い流せるため便利さは◎

■ クリームクレンジングは洗浄力「小」・肌への負担「小」

◎ 洗浄力

油分が多く、界面活性剤は少な目なのがクリームタイプ。そのため、オイルに比べると洗浄力は弱い。

◎ 肌への刺激

刺激のもとになる界面活性剤が少ないため肌への負担は小さい。適度な硬さがあるため、肌の摩擦を防いでくれるメリットも。肌に必要な油分を残したままメイクオフできるので、乾燥肌にやさしい。

◎ 使い方

クリームクレンジングには拭き取りタイプと洗い流せるタイプがある。摩擦が少ないため、フェイスマッサージをかねて使えるのもメリット。

■ クレンジング選びのポイントはメイクに合わせること

スキンケアの場合は肌質に合わせて化粧品を選ぶのが基本だけど、クレンジングの場合は、メイクに合わせて使い分けるのがポイント。オイルとクリームのイイトコ取りするのが美肌づくりの道♪

◎ オイルクレンジングに向いているメイク

・ファンデーション(ウォータープルーフタイプ、リキッドタイプ)
・日焼け止め(ウォータープルーフタイプ、オイルタイプ)
・ポイントメイク(アイシャドウ、アイライン、マスカラ)

まつエクしている人はオイルが接着剤を溶かしてしまう原因に!まつエクOKの表示があるものを選ぶように。

◎ クリームクレンジングに向いているメイク

・パウダーファンデーション
・フェイスパウダー
・薄めのアイメイク

■ 正しいクレンジング選びでツヤを肌キープ

毎日のクレンジングが間違っていたら、せっかくのスキンケアも台無し。自分に合ったクレンジングを選んで美肌の道を歩もう♪

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・matsudakumo 編集:nanapi編集部)