24時間モテ肌KEEP!夏老けを防ぐ「朝のスキンケア」テク3つ

写真拡大

本格的な夏が到来し、恋を呼び込むイベントも盛りだくさんの時期。素敵な人に出会ってもモテ要素ゼロの“汗だる肌”や“カサカサ肌”、“毛穴ぱっくり肌”などの夏老け肌だともったいないですよね。

そこで今回は、美容ライターの筆者が、そんな夏老け肌にならないための、朝のスキンケアテクを伝授します。

■1:洗顔料はTゾーンのみ+水洗顔で毛穴引締め

夏の朝洗顔は皮脂の分泌が多いTゾーンをメインにしましょう。洗顔料で泡を作ったら、Tゾーンにのみ置いて軽く洗うだけ。顔全体を洗ってしまうと、乾燥しやすくなるので注意してください。温度は33度程度のぬるま湯で。

洗顔料を洗い流した後は、水で何度か顔を洗いましょう。毛穴がキュッと引き締まり、肌全体が滑らかになるので、スキンケアの受け入れ態勢も上向きに。

■2:「トーニングローション」で肌温度を下げる

夏の朝こそ取り入れたいのがトーニングローション。“収れん化粧水”とも呼ばれているもので、冷涼感があり肌温度を2〜3℃下げてくれます。肌温度が下がることで毛穴が引き締まり、その後のメークが崩れにくくなるというお助けアイテム。特にオイリー肌や混合肌の人にオススメです。

意外と間違いやすいのが使うタイミング。化粧水だからと一番初めに使うのではなく、スキンケアの最後に使いましょう。

こちらも洗顔と同じく、皮脂分泌の多いTゾーンのみの使用でOK。手でパシャパシャと塗らずに、肌がひんやりすると感じるまでコットンパッティングをしましょう。コットンがひたひたになるほど、たっぷりの量を使ってください。

■3:UVアイテム前にオイルで潤いヴェール仕込み

UVアイテムのきしみ感や乾燥崩れを防いでくれるのはオイル! 日焼け止めやUV乳液の前に乾燥が気になる部分にオイルを薄く仕込みましょう。乾燥肌の人はトーニングローションを使わず、オイルを顔の中心部分に塗るのも手。

乾燥を防ぐだけでなく、その後に使うベースのノリもよくなり、今っぽい上品なツヤ肌にもなれるという一石二鳥ワザ。「オイルを使うと余計崩れやすくなるのでは?」なんてことはありません。“使う量は1滴”、“薄く延ばす”を厳守することで、驚くほど日中の肌が快適になりますよ。

暑いし眠いからといって、朝のスキンケアを怠るのはご法度です。朝から万全な状態に整えて、夏モテ肌を満喫してくださいね。

【筆者略歴】

矢粼 彩 ・・・ 女性誌を中心に各メディアにて美容ライターとして17年活躍中。「最新の正しい知識や情報と共にトータルビューティを叶える」理念の元、日本ダイエット健康協会公認ダイエットインストラクターとしてパーソナルケアやメディアでも発信中。

【画像】

※ Anna Omelchenko / shutterstock