■連載/【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん

【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん

 埼玉県有数の観光地・秩父や、ベッドタウン・所沢市を沿線に抱える西武鉄道。2004年、有価証券報告書の虚偽記載によるスキャンダルが発覚したが、その後、同社は大改革を実施。「スマイル&スマイル室」を設置して人気アニメとのタイアップを実施、ほか『西武 旅するレストラン 52席の至福』などの企画乗車券を発売。これらの施策により、鉄道会社の営業指標である「定期外旅客数」は上昇の一途をたどる。この改革の旗振り役が、社長・若林久氏だ。

■厳しさの中にあった「学び」

「友人と『死ぬかと思ったよな』と振り返ることもしばしばです(苦笑)」

 大学時代、若林は早稲田大学『空手道誠心会』に所属していた。厳しくて有名で、上下関係は“絶対”。彼が苦笑交じりに振り返る。

「たとえば1年生の時のこと。菅平(長野県)で合宿していた時、先輩が突然『山に登るぞ』と言いだしたんです。どう考えても、綺麗な山を見て思いついただけのことでしょう(笑)。しかも、防寒性などまったくない道着姿で『1年生は頂上まで走れ』という」

 先輩は1年生が走るあとを、竹刀を手に歩いて登ってきた。頂上は凍えるほどに寒く、下山後には仲間の一人が倒れ、救急車で運ばれた。ただし若林は誠心会で貴重な学びを得たという。

「先輩のなかには、その人が何か言っても周囲が動かず、40年以上経てもなお反発されている人がいます。逆に、何か話せば周囲が一斉に動き、今も慕われている先輩もいます。私は、その違いがわかったのです」

 若林の話をまとめると、こうなった。

「率先垂範、いつも笑ってベストを尽くせ」
「悪いことは、どれだけエライ人がやってたことでも“悪”と主張し曲げるな」
「極力多くの部下と交わり、部下が動きたくなる“機運”を創り出せ」

――なぜ、上記3か条が大切なのか。彼に長いサラリーマン人生を振り返ってもらった。

【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん
一番右が学生時代の若林氏

■時には雨を、風を楽しめ

 大学卒業後、若林は「自然が好きだから」と西武グループの伊豆箱根鉄道へ入社。1年目、駒ヶ岳ロープウェイの改札を勤める彼を見て「将来、日本有数の私鉄を率いてV字回復に導く」と想像できる人はいなかったろう。

 いや、頭角を現す前は、むしろ蹉跌だらけの会社員生活だった。

「2年目、貸し切りバスの配車係になりました。修学旅行などバスを使う仕事をいただき、当社のバスや、足りない場合は他社のバスを手配する仕事です。会社の稼ぎ頭でしたが、だからこそ忙しく、皆がやりたがらない仕事でしたね(苦笑)。昔のことなので、仕事が深夜に及ぶこともしばしば。冷房もなかったので、暑い日は夜になると下着一枚で、旅行代理店やバス会社に電話をかけまくっていました」

神経を使う仕事でもあった。そして、ある時には大失敗をした。

「中学校の修学旅行でした。旅行会社の添乗員さんから『1時間待ってもバスが来ない。どうなっているんだ!』と電話がありました。一瞬、事態が飲み込めなかったのですが、調べると、集合場所がいつもの三島駅でなく、遠く離れた静岡駅だったんです。もちろん1円だってご請求できるわけがなく、学校からも、上司からも大目玉を喰らいました」

 もちろん落ち込んだ。だが彼は「会社に損させた分を取り返すぞ!」と仕事にのめり込み、顧客からの依頼に「無理と言った覚えがない」勢いでバスを手配し続けた。するといつしか「バスの配車係が天職だったんじゃないか、と思うほど仕事が楽しくなった」という。

 ところが31歳の時、彼は管理部門への異動を言い渡された。若林はお客様と向き合ってサービスができないことを味気なく思い、次第に落ち込み、毎日「営業に戻りたい」と思いながら働いていたという。

「すると、先輩が『若林、お前新しい仕事でイキイキがんばってるそうじゃないか!』と言うんです。きっと、私が落ち込んでいることを見透かしていたのでしょう。『営業と管理部門を両方経験させてもらえるなんて幸せ者だな!』とも言われました」

 この時、彼はちょっとした悟りを得た。自分が変えられるのは自分と、自分の考え方だけ。周囲で起きることは、雨や風のようなもの。天に向かって「なぜ雨を降らせるのか」と恨んでも仕方がない。ならば、弱音を吐いても仕方ないじゃないか。

「しかも、30年経ってようやくわかったことがあるんです。若い時の経験があるから、私、今でも現場の気持ちがよくわかるんですよ」

 だから“率先垂範”ができる。今、目の前にある仕事は、遠い将来の糧になる。だから、雨が降ったら雨を、風が吹いたなら風を、受け入れて楽しみ、ベストを尽くすしかない――。

■善も悪も返ってくる。時が経つほど利息をつけ

【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん
仲間たちとともに。右から3人目が若林氏

 37歳の時、若林はバスの東京営業所長になった。ところが、ここでも問題が待っていた。一言で言えば、職場の風通しが悪い。

「年長の運転手は一匹狼タイプの方が多く、私も元労務だったため『給与を下げに来たのか?』と思われていたんです。そこで、全員と話すことにしました。バーベキューや花見を始め、運転手さんと二人で話したい時は、東京タワーなど、バスが到着する場所で待って話すんです。すると……地道な努力はしてみるもので、雰囲気がよくなった。それだけでなく、なんと事故が減った」

 若林率いる東京営業所は、無事故等で表彰されることもしばしばだったと言う。しかし、日々問題が起きた。例えば、彼の元に「バスガイドが修学旅行の生徒に殴られた」という無線が入った時のこと。

「すぐ現場に駆けつけ、担任に抗議をしたら、先生はあっけらかんと『こんなのよくあることじゃないですか』と開き直るんです」

 引き下がれない! と抗議を続けた。すると校長が来て『わざわざ抗議に来たバス会社の人は初めてです。若いのに部下のことをよく思っている方だ』と言う。

「そして校長先生は謝罪してくれ『今後もこういう所長がいる会社にバスをお任せしたい』と言ってくれたんです。信念を曲げず、正しいことを頑固に貫けば、ちゃんと道理が通るんですよ」

 事情があって、取引先に抗議したこともあった。若林の強い姿勢に「これ以上問題を大きくしないほうが良いのでは」と助言してくる人間もいた。しかし彼は「ここで不正を見逃せば、間違ったことが当たり前の会社になってしまう」と引かなかった。

「不公平や不正をなあなあですませると、その場は丸く収まっても、長い目で見ると利息付きで大きなマイナスになって返ってきますから」

 思えば、若林のこんな姿勢が、スキャンダルに揺れた企業を引き締めたのではないか?彼がグループ企業の伊豆箱根鉄道社長から西武鉄道社長へと抜擢されたのは、常に公正、公平を旨として生きてきたからではないか? すると、不条理をなあなあで済まさない姿勢は、いつか利息付きで本人を押し上げる、とも言えないか――。

■いかに生きれば「自ずと道は開ける」のか

【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん
『西武 旅するレストラン 52席の至福』

 若林が西武鉄道の社長へ就任したのは2012年のこと、当時、63歳だった。

「あの頃、トップになりたいと思った人は皆無ではないでしょうか。天命じゃないけど、全力でやるしかないと思いましたよ」

 しかし「バスの営業所長時代から、皆と居酒屋に行くのが好きだった」という若林は、現場とのコミュニケーションを元に、業績をグイグイと引っ張り上げていく。例えば「スマイル&スマイル室」による人気アニメとのタイアップだ。

「実は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』というアニメは西武鉄道の終点・秩父が舞台なのです。私も観て、女房にあきれられるほど泣きました(笑)」

 ラッピング電車を走らせ“聖地巡り(作中に出てくる場所を訪ねる旅)”をするファンのために記念乗車券を発売した。これらの施策がアニメ業界に「西武は協力的」と認識され、同社は有力な提携先として認められる存在になっていく。すると『妖怪ウォッチ』の制作陣が声をかけてくれた。スマイル&スマイル室長いわく「アニメの業界は、コンテンツが人気化すると速い。一方、我々は全駅に貼るポスターをつくるだけでも時間がかかる」らしく、タイアップのオファーがあったのは「本来なら断念せざるを得ないほど直前」だったらしい。だが「人気コンテンツを見逃すのは惜しい」と室長は社長に相談した。すると若林は「君がやるべきと思うならやろう!」と即断し、すぐに社長本人が連絡すべき各部署に声をかけ始めたという。『暗殺教室』のラッピング電車の話があった時は、内容が内容なだけに「イメージダウンに繋がらないか?」と議論された。しかし若林は、この時も「やろう」と言った。

 理由があった。

「なぜって、社員がわざわざ『やりたい』と持ってきてくれた企画をつぶしたらもったいないですよ。せっかく機運が盛り上がっているんだから。正直に言えば、いくつかは、私がためらうこともありました(笑)。でも、企画をつぶしたら部下は動かなくなる。一方、企画を通せば『いいことはどんどんやろう!』という雰囲気が生まれ、車両部も、運輸部も、広報も、みんなが『次はこんな企画を』と言い出してくれる」

 実に『妖怪ウォッチ』のスタンプラリーは、通常の5倍のお客さんを集めた。鉄道事業では、このような「定期外旅客」の増加が重要で、西武は「クラブ電車」や「同窓会電車」など、さまざまな施策を実施している。ほか、同社は車窓を眺めながら生ビールを楽しめる「ミステリービアトレイン」も実施。大都市の私鉄では初めての試みだったため、保健所と何度も交渉する粘り強さが必要だったが、部下はみな動いた。

【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん
クラブ電車

「やりたい」という気持ちを大切にしてくれ、公平、公正に合理的判断を下してくれるトップがいれば、人は変わり、組織は生まれ変わるのだ。そして、ビアトレインは抽選になるほどの人気を得る。また、車輌に関する部署など、現業の部署のトップも出席する全体会議からは“腕利きのシェフが料理を振る舞うわずか52席の観光列車”『西武 旅するレストラン 52席の至福』の企画が生まれた。いまやこの企画切符は3ヶ月先まで満席だ。

 この過程で、若林はいくつも忘れがたいシーンを見た。『ミステリービアトレイン』を実施した時のことだ。

「途中駅で停車した際、駅員が制帽を自主的にお客様に貸し出し、記念写真を撮影していたのです」

 備品を安易に貸し出したら叱られるかもしれない――硬直した組織の社員なら、こう考えたに違いない。だが「うちの社長は誉めてくれる」と意思疎通ができていれば現場は放っておいても動く。若林は、学生時代の経験を元に、いつしか「人が動く」環境を創り出す手腕を身につけていたのだ。彼は慈父のような表情で「こういった、心のこもったサービスが何も言わずとも始まっていることがうれしくて……」と頬を緩める。

 さらに彼は、心から楽しそうに、今年の入社式で会った新入社員のこと話し始めた。

「入社式の懇親会で、18歳の新人が『私も社長になれますか?』と聞いてきたんです。そりゃ、感動しましたよ。前向きな若者は、会社の宝です!」

 どう答えたのか? 若林が人生を賭けて得た、シンプルな教訓だった。

“間違いなくなれるかはわからない。けれど、毎日の仕事にベストを尽くそう。そうすれば、自ずと道は開ける――。”

(文中敬称略)

【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん
若林 久(わかばやし・ひさし)/1949年、静岡県生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、伊豆箱根鉄道へ入社。自動車部、労務担当などを経験したあと、東京営業所所長、常務取締役営業部長を経て、2006年同社代表取締役社長に。2012年5月に親会社の西武鉄道代表取締役社長に就任。同年6月に西武ホールディングス取締役に就任、以来現職。

【著者プロフィール】
夏目 幸明(なつめ・ゆきあき)/1972年、愛知県生まれ、早稲田大学卒業後、広告代理店勤務を経てフリージャーナリストに。おもに経営者の取材を行い、様々な経済誌に連載を持つ。現在は、豊富な人脈を活かし業務提携コンサルタントとしても活躍。

■連載/【社長の横顔】西武鉄道代表取締役社長・若林 久さん