レアキャラも発見?「ポケモンGO」で話題のお出かけスポット4選/xx_kalebwrightxx Instagramより

写真拡大

【ポケモンGO/女子旅プレス】世界中で今なお話題のスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO(ポケモン・ゴー)」。ブームに伴い、ポケモンを探しに様々な場所へトレーナーが繰り出すようになり、日本各地でゲームを巡って様々なスポットが注目を浴びました。今回はそんな「ポケモンGO」で特に話題を呼んだスポットを4つご紹介。

【さらに写真を見る】レアキャラも発見?「ポケモンGO」で話題のお出かけスポット4選

◆京都府・海眼寺(かいげんじ)


京都府福知山市にある「海眼寺」は、「ポケモンGO」のゲーム内で「ジム」に設定されていることから、参拝者に配慮をした上で、境内での「ポケモンGO」のプレイをご自由にどうぞ、と公認しているお寺。

トレーナーのためにスマホ用の充電設備を完備したり、トイレや水道の利用も可と、至れり尽くせりの対応を行ったことで大きな反響を呼びました。

京都市からはやや離れた市街地にあり、お参りは24時間自由。もしゲームのために足を運ぶ際は、礼儀として仏様に手を合わせていきたいところ。

■海眼寺(かいげんじ)


住所:京都府福知山市寺38
電話番号:0773-22-3247
アクセス:福知山駅より車で約5分、北口から徒歩約15分

◆鳥取県・鳥取砂丘


空前の「ポケモンGO」ブームに伴い、異例の「鳥取砂丘スナ(砂)ホ・ゲーム解放区宣言」をして話題を呼んだ鳥取県。

ゲームをプレイする際に、画面を注視してしまう歩きスマホの問題が指摘されていますが、日本最大級の大きさを誇る雄大な鳥取砂丘でなら、街中よりも安全にゲームを楽しめるので、まさにプレイにはうってつけ。ただし最低限、周辺のプレイヤーや砂丘の生きものへの配慮は忘れずに。

そしてゲームするだけではなく、風光明媚な砂丘の風景や、日本海から吹く風によって砂丘に模様が描かれる風紋も楽しんでいってくださいね。

■鳥取砂丘


住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661
電話番号:0857-22-0581

◆北海道・上ノ国町


“天の川が流れるまち”のキャッチフレーズで知られる北海道南西部の上ノ国町。町のすぐ南側が、北海道新幹線開通で話題を呼んだ函館市と隣接しているこの町は、豊かな海と山に囲まれ、北海道では珍しく中世の歴史遺産や文化財も数多く残されています。

そんな上ノ国町では、「ポケモンGO」を安全かつ効率よく楽しんでもらいたいと、ポケモンGO対応版の「上ノ国町観光マップ」を公開中。観光シーズン真っ只中の夏の北海道を旅行しながら、ゲームも楽しめるなんて一石二鳥ですね。

◆愛知県・鶴舞公園(つるまこうえん)


ポケモンGOの“聖地”としてプレイヤーの間で話題沸騰中なのが、名古屋市昭和区の「鶴舞公園」。春はソメイヨシノなど約750本の桜が見頃を迎え、「日本さくら名所100選」にも選ばれている桜の名所です。

そんな「鶴舞公園」には、上空から見た形がモンスターボールにそっくりな噴水塔や、公園内にいくつものポケストップがあることから、一時は昼夜を問わずトレーナーたちが殺到。わざわざ遠方から車で訪れる人も現れたりと、ゲームのリリース後、深夜であっても連日トレーナーたちで賑わいを見せています。

しかしあまりの人気ぶりに、路上駐車、騒音、ゴミなどの問題も取り沙汰されているため、夜間は特に周りの環境に配慮して、節度を持ってプレイを楽しむようにしましょうね。

■鶴舞公園(つるまこうえん)


住所:愛知県名古屋市昭和区鶴舞1丁目
電話番号:052-733-8340
地下鉄鶴舞線「鶴舞」下車、4番出口
JR中央本線「鶴舞」下車
市バス「鶴舞公園前」下車

今なお世界中で、連日何かと話題を振りまいている「Pokemon GO」。ゲームに出現するポケモンは実際の地図と連動しているため、場所によって出現するポケモンも全く違っています。

ゲームをプレイする目的で、普段足を運ばないような場所へ出かけることが、地域の活性化にも繋がるかもしれません。

くれぐれも歩きスマホによる前方不注意や交通事故、そして特に女性は夜間の一人歩きに気をつけて。マナーを守って楽しくポケモン探しを楽しんでくださいね。(女子旅プレス/modelpress編集部)

2枚目画像:https://www.flickr.com/photos/e_s_jp/14778264483/

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。