レクサスRX プレミアムSUVの元祖「レクサスRX」もついに4代目。当初は控えめな上質デザインだったが、この世代からスピンドルグリルとともにありえないバキバキのデザインに。

写真拡大

「車離れ」が叫ばれる中、世界中で大盛り上がりとなっているジャンルがある。それが高級SUV市場だ。

GT−Rを開発した元日産の水野和敏氏はこう語った。

「SUVはスマホだよ、スマホ。ガラケーを昔のセダンやスポーツカーとすると、SUVは画期的に使い勝手がよくてカッコもいいスマートフォンのような存在。ここに舵を切らないプレミアムブランドは生き残れないだろうね」

ボディが大きく広く、アイデンティティを豊かに表現できる上、大画面モニターや快適装備をバンバン載せられ、走りもすこぶるいいSUVはまさに高付加価値だらけの新ジャンルであり、プレミアムブランドにとっては正直、「金のなる木」と言っても過言ではない。

そもそも、このジャンルをつくったのは日本のプレミアムブランド「レクサス」だ。

1997年にトヨタ・ハリアーとして日本国内で先行発売。ライオン紳士を気取った「ワイルド・バット・フォーマル」のCMとともに大ヒットした。トータル13万台以上売った上、98年には初代「レクサスRX」として北米上陸を果たす。

そして99年は目標の3倍の8万台を売って特大ヒット! 結果、トータル40万台弱を販売してセダンに匹敵する大黒柱となる。

それから、世界のプレミアムブランドをSUVが席巻。ポルシェが「カイエン」や「マカン」を生み出したことを皮切りに、海外ブランドでも続々と高級SUVが人気を博していった。

発売中の『週刊プレイボーイ』33号では、そんな高級SUVの歴史とともに、最新の注目モデルを紹介。今やベントレーやマセラティ、ランボルギーニといったブランドもSUVを発売する時代。そのすごすぎる世界に、ぜひ触れてほしい。

(取材・撮影/小沢コージ)

■週刊プレイボーイ33号「今、クルマ界で最も熱〜い『ラグジュアリーSUV』が超スゴイ!!!」より