暑い日が続きますよね。

すると、気になるのが“夏バテ”。

もう、なにも食べる気がおこらず、カラダもだるい。

「なのに、痩せるどころか太った!」という女子もめずらしくありません。

夏バテしているのに、なぜか太る。いったい原因はどこにあるのでしょうか。

その理由を、ネオマーケティングの調査結果を参考に、紹介したいと思います。

 

■夏は太りやすい

夏は、暑くて汗がたくさん出ます。

すると、なんだか痩せた気になりますよね。

ですが、それが大きな間違い!

冬は外気が低く、寒さからカラダを守ろうと基礎代謝が上がり、カロリーを消費します。

しかし夏はその逆。暑さでかく汗って、実はほとんどエネルギーを使っていないんです。

しかも、そのことを知っているひとは、ほんのわずか。

夏は太りやすいということを知っているひとは、男性は32.0%、女性は42.4%。半数以上のひとは、知らないんです。

その結果、実際に夏に太ってしまった経験は、男性で37.2%、女性は46.0%という結果に。

女性の約半数は夏に太ってしまった経験があるようです。

 

■夏に太る原因

なぜ、夏に太るのでしょうか。

理由は単純に、使ったカロリー以上に食べているからです。

今回の調査では、他の季節に比べて、夏によく摂っていると思う食べ物をたずねたところ、最も多い回答は全体で、そうめんや冷やし中華などの冷たい麺類(72.0%)でした。

他にもアイスクリームやかき氷などの冷たいデザート、ビールなどのアルコール類、カレー・牛丼・豚丼・うなぎ丼などの丼類、油っこいメニュー、サンドイッチや菓子パンなどのパン類などが、「夏に太ってしまった経験がある」と答えたひとが夏によく摂っていると回答した食べ物でした。

「夏に太った経験がない」と回答した人が選んだ数と、その差は実に10ポイント以上。

なるほど、太ってしまうわけですよね。

 

いかがですか。

管理栄養士の麻生れいみ氏によれば、夏特有の糖質中心の食生活が夏太りの原因なんだとか。

食生活での夏太り対策として、朝食に食物繊維の豊富な野菜類や大豆類などを摂ると良いのだそうです。

みなさん、まだ遅くありませんよ。今日から早速気をつけて、夏太りを防止しましょうね。

 

【関連記事】

※ 可愛いし話も合うのに!? 1回のデートで「友達認定」される理由3つ

※ 「デート相手が魅力的に見えるまで」何杯酒を飲む必要があるか判明!

※ 初デートで大幻滅!「ラブがしぼむ場所」3位映画よりヤバい1位は

※ ビールで親近感!「デート時のお酒チョイス」で分かる男の性格4つ

ダイエットだけじゃない…!彼に水着姿を披露するまでの3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 歩けなくなる危険も!? 安全な「糖質制限ダイエット」のポイント3つ

※ 夏バテの強〜い味方!「麺類ランチでも太らない」4つのルール

 

【参考】

※ 夏太りに関する調査 - ネオマーケティング

 

【画像】

Svitlana Sokolova / shutter stock