LED約16万個!東京タワーに天の川

写真拡大

東京タワーでは大展望台1階フロアと外階段に、約16万個のLED電球が輝く「天の川イルミネーション」を開催中。天の川を再現したという幻想的な空間に注目。

◆花火マッピングも!東京タワーにLED約16万個で再現した「天の川イルミネーション」が登場

七夕を過ぎても「天の川」のきらめきが見上げられる場所…。そんな夏のデートにぴったりのシチュエーションが、東京タワーでロマンチックに再現されている。

2016年6月1日(水)から8月31日(水)まで開催されている、東京タワーの「七夕特別企画」。高さ150mの大展望台1階フロアと、フットタウンの屋上から展望台までの約600段の外階段に、毎日17時から23時まで約16万個のLED電球が輝く。

フロアには夜空に輝く無数の星を表す青色のLEDが広がり、、さらに白いLEDで空を流れる天の川を表現しているそう。星空の中には赤い織姫と白の彦星もあり、ときには流れ星も流れるというからまさに星空のよう。

今年は初めて、フロアの東西南北4方向の天井にも約5万3000個のLED装飾が登場。夕闇が深まってくると、イルミネーションの光が窓に映って東京の夜景に重なり、幻想的な雰囲気が高まる。



さらにひとつ上の大展望台2階では、プロジェクションマッピングの「SUMMER LIGHT FANTASIA」も開催。「星空」の映像に加えて、「花火」の映像も投影されるので、雨が降ってもバーチャルな「花火大会」が楽しめる。

「こちらのマッピングイベントが始まってから、東京タワーに昇られるお客さまの半数が夕方以降に来られたほどの人気です」と広報担当さん。

大展望台1階の西側フロアでは、1日6回(19時、20時、21時、21時30分、22時、22時30分)、2016年の「天の川イルミネーション」のテーマ曲になっているコブクロの「星が綺麗な夜でした」がBGMとして流れるそうで、美しいメロディに気分も高まりそう。夜景のきれいな日も雨の日も、夕方以降のデートは展望台で星空を満喫して。



◆イベント情報

「天の川イルミネーション」

会場:東京タワー 
TEL: 03-3433-5111
住所:東京都港区芝公園4-2-8
アクセス:東京メトロ日比谷線「神谷町駅」より徒歩7分、都営三田線「御成門駅」より徒歩6分、都営大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩5分、都営浅草線「大門駅」より徒歩10分
開催期間:2016/6/1(水)〜8/31(水)
開催時間:17:00〜23:00
展望料金:大人(高校生以上)900円、子供(小・中学生)500円、幼児(4歳以上)400円
テーマ曲「星が綺麗な夜でした」(コブクロ)
※大展望台1階西側にて19:00、20:00、21:00、21:30、22:00、22:30の6回BGM放送

WRITING/Naoko Yoshida(Hachidori)