まるで鍵みたい!ミニサイズな6in1マルチツールが便利!

写真拡大

マルチツールはさまざまなシーンで使える、まさに"マルチ”な道具だが、「銃刀法」に触れる可能性があったり、航空機への持ち込みNGだったりと、何かと制約がある。それらの制約をクリアするツールが「Key-Quest」だ。どこから見ても“鍵”のカタチ。このコンパクトなアイテムの中に、使用頻度の高い6つの機能が詰まっている。

日本の伝統技術が詰めこまれた1本

ステンレス素材の「Key-Quest」は、サイズも薄さも鍵そのもの。ほかのキーと一緒にキーホルダーにつけて常に持ち歩くことができるアイテムだ。

detail_1969_1467774215

この中に備えられた6つの機能は以下のとおり。

 

1. カートンオープナー

段ボールを開梱するときなど、横のギザギザ部分でビニールテープを切ることができる。
detail_1969_1467776306

 

2. 糸切り・ラインカッター

先端についた糸切りで、普通のハサミでは切ることが困難な釣り糸「PE」や世界最強の繊維「ザイロン」の切断が可能。服のタグについているT字のナイロンピンを切るなど、もっとも使用頻度が高そうな機能だ。
detail_1969_1467777436

 

detail_1969_1467777440

 

3. 栓抜き

野外で瓶ビールやコーラなどを飲むときに、栓抜きを忘れて大慌て!という心配もなし。

detail_1969_1467777827

 

4. プルタブ起こし

意外と手こずる缶のプルタブやリモコンの裏蓋なども、先端部分を差し込めば楽々オープン。

detail_1969_1467777971

 

5. マイナスドライバー

電池交換の際など、ネジを開ける機会は結構多いもの。いちいち精密ドライバーを探さなくても、ポケットからさっと取り出して使うことができる。

detail_1969_1467779265

 

6. ナット回し

M2・M3・M4のナットに対応。機械の修理や趣味のラジコンに大活躍しそう。

detail_1969_1467780448

 

コンパクトなものでも通常の鍵4本分の厚さがあるマルチツールと比べて、2.5个稜さの鍵サイズでありながら十分な強度を保持。特殊技術であるバレル処理によって角部が丸く削られているため、ケースなどに入れずにそのままポケットなどに入れても安心だ。

また、指の入らない幅のくぼみに糸切り刃をつけているため、けがをする心配なし。

この「Key-Quest」を生み出したのは、世界的な刃物の産地として知られる岐阜県関市で約半世紀の間、プレス加工技術を磨いてきた株式会社ツカダ。初めての自社製品としてこのマルチツールを企画・開発し、ウラウドファンディング「Makuake」に公開。わずか4日間で目標金額を達成するほどの人気アイテムとなった。

コースは2000円から。申し込めば10月中に商品が到着する。常備していれば必ず活躍するだろうこの1本、支援したい人は「Makuake」プロジェクトをチェック。

Makuake >>  https://www.makuake.com/project/keyquest

(文/&GP編集部)