もっと話したいと思わせる。会話美人の秘訣は「落語」にあり

写真拡大

話を弾ませたいと思いながら、結局思ったことを話せず後悔することってありますよね。相手が自分の話に興味を持ってくれてなさそうで気後れしたなど理由は様々ですが、最初に話し始めた話題がそうさせたのかもしれません。初対面の場合、とくに気をつけたいポイントです。
落語の「枕」のようにタイムリーな話題から
初対面だと話題に困り、つい話題にしがちなのが「お天気」です。ゲリラ豪雨のあとすぐに会った場合ならタイムリーですが、「私、話題に困っているんですけど......。」とも受け取られがち。そうすると、相手も話さなくてもいいかなと感じてしまうものです。そこで、最初の話題として参考にしたいのが、「落語」です。
なかでも古典落語は、当たり前ですが時代が違います。ただ時代が違っても、人間考えることがあまり変わらないようで、現代ならば、こんなイメージですよという本題がわかりやすいように話してくれる導入部分、いわゆる「枕」のような話題のふり方をするのです。
たとえば、相手が食品関係の場合、「先日、日本初上陸のアイスを食べに行ったんですよ。涼めると思ったら、結局2時間も並んだので、かなり暑かったです」と、水を向けると、先方もお気に入りを話しやすくなります。ファッションなら、「着ていらっしゃるのは、いま話題の生地ですよね。やはり快適ですか? 」など、暑いというキーワードだけで業界を問わず、会話が広げられ、相手に興味を示していることも伝わります。
切り替えもスムーズに
話のきっかけの「枕」で共通の業界のことを話題にしたことで、本題にも入りやすくなります。すでに、話が流れ始めているので、そのいい流れに乗って聞きたかったことや、ちょっと踏み込んだことも話したり、聞いたりしやすくなります。
ちょっとずうずうしいかなと思っても、本来聞きたかったことが聞けず後悔するより、一度、ボールを投げてみることが大切です。自分が思っているより、意外にすんなり聞けることもありますよ。「失礼かな? 」「どうせ答えてくれないだろうな」なんて、自分でハードルを上げていただけということも多々あるのです。
困った時の天気の話題は卒業して、「枕」になりそうな話題をストックしておくと、もっと話していたいなと思われる会話美人に近づけそうですよ。
photo by Thinkstock/Getty Images

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。