中国メディアの強国網はこのほど、日本人女性と結婚したという中国人男性が指摘する「日本人女性と中国人女性の違い」について紹介する記事を掲載した。見た目は似ている日本人と中国人だが、多くの違いがあることを伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの強国網はこのほど、日本人女性と結婚したという中国人男性が指摘する「日本人女性と中国人女性の違い」について紹介する記事を掲載した。見た目は似ている日本人と中国人だが、多くの違いがあることを伝えている。

 記事は「来世は二度と女性になりたくないと中国人女性が口にするのをよく耳にする」と伝える一方、「このように考える日本人女性は極めて少ない」と説明。日本人女性は女性であることの喜びを充分感じていると指摘し、これが日本人女性と中国人女性の1つ目の違いだと指摘した。

 2つ目の違いについて「日本人女性は中国人女性に比べて忍耐力がある」と指摘したほか、3つ目については「日本人女性は中国人女性に比べて性に対して開放的である」と主張。4つ目について、日本人は結婚前は自由な生活スタイルを楽しむが結婚後は良妻賢母へと大きく変化すると説明した。

 こうした比較がすべての日本人女性と中国人女性に当てはまるわけでないというのは記事も認めていおり、同比較はあくまでも個人的な経験や全体的な印象から感じたことを説明したものだ。

 それでも恐らく、記事が紹介した中国人男性の結婚相手となった日本人女性は平均的な日本人女性像から大きくかけ離れてはいないだろう。中国人女性は結婚相手に「持ち家」があることのほか、自動車を所有していることなど、さまざまな「物的条件」を課すという。結婚のために巨額のローンを組んで不動産を購入する中国人男性も多く、結婚後はローン返済で苦しい生活を強いられる人も多いというが、それに比べれば日本人女性が結婚相手に求める条件は中国人女性ほど厳しくないといえるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)