世界経済フォーラムで先ほど発表された「世界情報技術レポート2016」によると、中国は今年「インターネット成熟度指数」における順位を3つ上げ、世界59位になった。写真は南京の路上で携帯電話からネットを利用している出稼ぎ労働者。

写真拡大

世界経済フォーラムで先ほど発表された「世界情報技術レポート2016」によると、中国は今年「インターネット成熟度指数」における順位を3つ上げ、世界59位になった。光明日報が伝えた。

レポートによると、中国の進歩は主に中国人消費者によるモバイルブロードバンドサービスの広範囲での使用と旺盛な需要、企業の研究開発の取り組みによるものだ。また、学術機関と企業による特許取得件数も増加している。

同指数は情報・通信技術が経済・社会効果にもたらす推進力を指すものだ。レポートは139カ国の同指数に関する進展を評価した。中国はこの1年間で積極的な進展を実現し、ブロードバンドサービス加入者数が総人口に占める割合はほぼ倍増し、41.8%に達した。中国国内の革新のペースが上がり、情報・通信技術業界の特許権数が増加し、中国経済全体が2013年から積極的な流れを維持しているなどの要素は、同指数の上昇に原動力を与えた。

2016年度のレポートでは、シンガポールが同指数で1位となった。2014年に首位だったフィンランドは2年連続で2位。これに続いたのは、スウェーデン、ノルウェー、米国。6−10位はオランダ、スイス、英国、ルクセンブルク、日本の順だった。(提供/人民網日本語版・編集/YF)