ノースリーブから出ちゃってない? ダサい「ワキのハミ肉」を撃退する方法

写真拡大 (全3枚)

夏の季節になると、いつもは気がつかなかった“贅肉”に気がつきます。特にノースリーブを着るこの時期は、胸の横からはみ出るワキ肉の存在に衝撃を受けることが。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、夏のファッションを楽しむために、はみ出たワキ肉を減らす方法をお伝えします。

■ブラジャーのサイズが原因かも?

下着を買うとき、自分の体のサイズを正確に知らずに購入していませんか?

特にブラジャーは、自己判断や何年も前のサイズのまま選んでいると、体のラインを崩す原因となります。

またサイズの小さすぎるブラジャーをつけっぱなしにしていることで、胸に収まるはずのお肉がワキに流れて溜まってしまい、はみワキ肉ができてしまうのです。

■胸やワキ周りのリンパの滞りを取るマッサージをしよう

肩や肩甲骨周りのコリは、胸やワキ周りのリンパの流れを滞らせます。毎日しっかりとケアすることで、少しずつ流れの良い状態にしておきましょう。

(1)左ワキのくぼみに指を食い込ませ、親指は胸側の筋を挟むようにして強めに掴みます。少しずつ場所を変えながらしっかりとほぐしましょう。

yuukaさんハミ肉

(2)胸の横の部分、手で触ると肋骨を感じる部分に握りこぶしを当て、指の関節の部分を使って胸の方向へとコリをほぐします。ゴリゴリした感触を感じる部分は念入りに。

yuukaさんハミ肉

(3)腕を閉じて胴体に引き寄せたときに、はみ出るワキ肉の部分をチェックします。

その部分に握りこぶしの関節を当てて、胸に向かって一方通行にお肉を潰すようにして流しましょう。

yuukaさんハミ肉

(4)反対側も同様に行います。

いかがでしたか? 胸の脂肪は、放置しておくとワキや背中に流れてしいます。

ですから、はみ肉のケアは気がついたら何度でも行いましょう。トイレに行くときは必ずマッサージするなど、何かの動作と連動させてクセ付けておけば、ケアがしやすいです。

この夏こそ、堂々とノースリーブを着て周りと差をつけちゃいましょう!

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ Yuriy Rudyy / shutterstock