東京スカイツリー天望デッキ、フロア350からの夜景(C)TOKYO-SKYTREE

写真拡大

【東京スカイツリー/女子旅プレス】東京スカイツリーの展望台からの夜景が、一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローより「日本夜景遺産(施設型夜景遺産)」に認定された。この展望台からは、東京タワーや東京ゲートブリッジなど都内のランドマークが一望できるほか、隅田川の舟運や、高速道路を走る車の行き来などを俯瞰で観賞できる等、他にはない東京の夜景を楽しめる。

【さらに写真を見る】東京の夜景を360度パノラマでぐるりと見渡せる/眼下に広がる宝石のような輝きにうっとり

◆新たな「日本夜景遺産」が誕生


今回、東京スカイツリー展望台からの夜景は「夜景観光促進の将来性への期待」や「夜景スケールの絶対性、無二性」等の観点から、日本夜景遺産の選定基準をクリアしていると評価された。

また2016年夏の東京スカイツリーでは、認定された夜景のほか、地上445メートルの天望回廊にて風鈴を634個使用した空間演出「東京スカイツリー風鈴回廊」を実施しているほか、地上350メートルの天望デッキに本物の金魚が入った水槽の設置、金魚ちょうちん発祥の山口県の職人が手作業で制作した金魚ちょうちんなどの展示を実施している。

◆「日本夜景遺産」とは


日本各地における後世に残すべき「夜景」の再発見と発掘、及び一定の基準で認定することで、“観光資源としての夜景”の価値を確立し、日本の夜景観光立国化を目指す活動。

夜間景観要素により「自然夜景遺産」「施設型夜景遺産」「ライトアップ夜景遺産」「歴史文化夜景遺産」に分類される。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■東京スカイツリー


住所:東京都墨田区押上1丁目1-2
電話番号:0570-55-0634