富山湾を一望♪新鮮ミルクで作った牧場スイーツを味わう「くろべ牧場まきばの風」

写真拡大

標高425メートルの高台にある「くろべ牧場まきばの風」。ここは富山湾の向こうにある能登半島まで一望できる、絶景ポイントでもあります。大自然を満喫しながら、牛乳やジェラートなど牧場ならではの新鮮な味を楽しんでみませんか?

能登半島まで見渡せる絶好のロケーション

「あいの風とやま鉄道」黒部駅から車で20分。「くろべ牧場まきばの風」は、最高標高425メートルの山の上にあります。広々とした黒部川扇状地を見下ろすことができ、さらに遠くに広がる能登半島まで一望できるんですよ。

新鮮な材料を使ったピザ作り体験はいかが?

くろべ牧場では、乳牛の乳搾り体験(300円・毎週日曜開催)ができるほか、ソーセージ、アイスクリーム、バター、チーズ作りなど、豊富な体験メニュー(600円〜・いずれも3日前までに要予約)を楽しむことができます。
今回は、ピザ作り体験(1500円)をご紹介。牧場の美味しい牛乳入りの生地に、新鮮なチーズや「黒部名水ポーク」のソーセージをトッピングでき、熱々のできたてピザを味わうことができるんですよ。

さて、まずは生地をよく捏ねます。生地には、牧場の牛乳が入っているそう。パンのようにふっくらと、モチモチした食感になるのだとか。

20分ほど生地を寝かせたら形を整えて、トマトソース、モッツアレラチーズ、ソーセージをトッピング。地域銘柄の高品質な豚肉「黒部名水ポーク」を使ってつくられるソーセージは、プリプリとしたジューシーな食感が特徴。新鮮な材料が揃うのは、牧場ならではですね。
出来上がったら、いよいよ焼き上げます。

牧場特製の牛乳&プリンのサービスも

ピザが焼き上がったら、美しい景色を眺めながらいただきましょう。大自然の中でいただく手作りのピザは、格別の美味しさです。
ピザ作り体験にはなんと、牧場特製の牛乳とプリンがサービスで付くんですよ。
スッキリとした味わいの牛乳と、まろやかで濃厚なプリンは絶品。ここでしか味わえない、贅沢なランチですね。

こだわりの自家製ミルクを使った牧場スイーツも

牧場内にある「MOOガーデン」では、牧場スイーツやおみやげ品が販売されています。なかでもソフトクリーム(378円)やジェラート(シングル356円・ダブル464円)は、夏にピッタリ。
濃厚なソフトクリームは、もちろん自家製のミルクから作られています。ジェラートは、18種類ほどの中から選べます。季節限定のブルーベリーヨーグルトは、ほどよく甘酸っぱい味わい。夏の暑さも癒やされますね。
そのほか、黒部名水ポークのカタロースハムなど、ここでしか購入できない加工食品はおみやげにもおすすめですよ。

くろべ牧場では、約200頭の牛を飼育し、春と秋には放牧も行っているほか、ヤギや羊、ポニー、ミニブタなどの動物と自由に触れ合うことができます。季節ごとにさまざまなイベントも開催。広大な自然の中で、牧場ならではの体験を楽しみに、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

ことりっぷの最新記事